月命日

今日は、仕事をお休み頂いていたので、午後近くにゆっくりと

お墓参りに出かけました

お天気はよかったけれど、外は冷え冷えの寒い日でした

ここのところ、毎日が慌ただしくて、ゆったりと自分の時間が

持てないせいか、少しバテ気味です

ゆったりとした、自分だけの時間・・・ 大切ですよね


寒い日ではありましたが、いつも通り、お墓の前でひとりぶつぶつと

話しして帰ってきました

話をしてると、

「へぇ~」 とか 「そう~」とか言ってる顔が浮かんできて。。。

たわいのない私の話を聞いてくれてたかなぁ。。。








月命日

今日は、仕事がお休みなので、お昼前の先ほどお墓参りに行ってきました

ここ数日、お天気に恵まれて気持ちのいい日が続いています

日々、慌ただしく過ごしているせいか、日が経つのが早いです

来月の命日を前に、時々ふと頭の中をよぎる思いに

胸が痛んだり、涙がにじんだりと・・・

やはり、何年経っても、この時期に巡る思いは同じです

だから、この毎日慌ただしい時間は、とても有難いことかもしれないと思えます


日々の中で、時々、(私の中ではあたりまえのことですが)不思議な出来事に

出くわし、そんな出来事にあれこれ考えていると、

あちらの世界が、とても身近に感じます


いつの日か私も、そちらの世界に行ったら、わかることなのかなぁ~と

思いを巡らしたりしながら、

今日は、きれいな空にむかって、「今、どうしてるの~」と聞いてみました


う~ん、たまには返事がほしいんですが。。。 

ちょうだいって言っちゃ駄目かな~






月命日

少しだけ涼しくなって過ごしやすくなりました

雨が降らないかと心配ではありましたが

12日は、いつも通り、朝出勤前にお墓参りに行ってきました

今月のこの日を命日とする友人に仕事の休憩時間にメールしました

いつも超明るい友人ですが、お墓参りに出かけた際、

ふとしたことから、号泣してしまったとありました


何年経っても、薄れることのない思いです


8年経った私も、まだまだふとしたことに涙することはあります

その思いもある意味大切な気がします

また、同時にそれ以上に楽しかった思い出もたくさんあります

そんなひとつひとつを鮮明に自分の記憶に

刻み続けたいという気もします

そんな話を共にできる友人に巡り合えたことは、

ほんとうに感謝ばかりです

「ありがとう」です。。。

また、たくさん話しましょう、そして、聞いて下さいね

  *****

先日、夢の中に、姿は見えませんでしたが、

「みゆきちゃん」という女の子(人?)が出てきました  

(私には、心当たりがなくて)

忘れないようにと、ここに書いておこうと思います。。。

月命日

今日は、お仕事がお休みの日でしたので

朝の家事を片付けてからお墓参りに出かけました

お盆ということもあって、あちこちにお墓参りをされている方

お墓のお掃除をされている方がみられました



我が家では、お盆といってもとりたてて何かすることはありません

昨夜、主人がごそごそと押し入れから箱を取り出して

仏壇の前に大きな提灯をふたつ出したことぐらいでしょうか。。。



お盆に皆、あちらの世界から帰ってきてくれたらいいのになぁ~なんて思いながら

手を合わせてきました



  *******

息子が亡くなって、どう生きていけばいいのか、先が見えず、

もがいていた時、ネットの中でいろいろな方と出会えました

このいろいろな出会いで、どんなにか救われてきたことでしょう。。。

今日もそんな大切な方の娘さんの命日です

命日というこの日は、何年経っても胸が痛みます

どうぞ、穏やかな一日でありますようにと・・・そう願います

  *******

月命日

12日の朝、いつもより1時間早起きして、出勤前にお墓参りに出かけてきました

朝は何かと慌ただしいのでお休みの日に行けばいいじゃないと思いつつも

やはり、その日でないと心が落ち着きません

私の中のどうでもいい(?)頑なな(?)こだわりの心があるようです

でも、まあ、お寺も車で10分足らずですから。。。


ここ数カ月前から、車に乗ることをやめた父のアッシー君で

お休みの日は、バタバタと落ち着きません

家から父の家まで、行ったり来たりの繰り返し

近いからたいしたことはないと思っていたのだけれど

これが一日5回6回となると、落ち着いて時間がとれず、

すべて段取りが悪く一日が過ぎてしまいます

しかし、

毎回、毎回、何度も何度も「悪いね」「ありがとね」の言葉を繰り返す父を思うと

私がもっと段取りよく動けるように考えればいいのだと思えてきて

その言葉の力を改めて感じているこの頃です


今日は、テニスに出かけました

コートを走り回っていたら、とても気持ちがよくてすっきり!

来週は、息子のラケットで出かけようかな…と思っています

使っていいかな? いいよね?

一緒にどうですか


月命日

今日は、午後から雨との天気予報

出勤前の今朝は、雨が降らないで助かりました

傘をさしてのお墓参りは、少し落ち着きません。。。


手を合わせながら、この月日の流れを思います

私は、こんなにも「おばあちゃん」になってしまったよ~

わかるかな。。。


時の流れは、早いのか遅いのか、自分でもよくわからないけれど

そちらの世界に行くのは、あっという間なのかもしれないと

思うことが多くなりました


それまで、こちらで、「今、できること」をゆっくりとしていけばいいよね

そう思うと、なんだか穏やかな気持ちになれる気がします


月命日

今日は、仕事がお休みなので、のんびりと午後から

お墓参りに行ってきました

雲ひとつないきれいな青い空、

ちょっと暑い日でしたが気持ちの良いものです


最近、年齢のせいもあるかもしれないけれど体力がかなり落ちてる感じ

少し迷っていたけれど、そろそろテニスを再開しようかな。。。

ゆっくりゆっくりペースで


なんだか、ちょっと元気で走り回ってる姿も見せたいしね

そしたら、きっと、また、いろんなこと思い出すよね

だって、よ~く一緒にテニスしたもんね


月命日

今朝は、少し出遅れてしまい、明日にしようかな・・・と

一瞬、迷いましたが、やはり車は、自然とお寺へと向かいました


いつも慌ただしくて、そんな私の様子を笑って見てるんでしょうかね


職場である方と二人になる時間がありました

少し体調が悪くて、今日は出掛けるのを躊躇われたそうで。。。



心にかかるストレスは、体のあっちこっちを悪くします

そんな経験のある私も、ストレスから耳が聴こえなくなった話や

まっすぐ歩けなくなってしまった話などなど

今までのいろいろを少しお話しました



お話をお聞きすると、その方も同じ症状でよく似ていて


その人その人が抱えるストレス、しんどい思い、

うまく抱えていかないといけないですよね


・・・とそんな話をし終えた頃

私、子供を亡くしてるんです

もう10年になるのに誰にも話せません・・・・と



この日にそんなお話をお聞きしたことも何かの繋がりなのか

私も息子のことを話しました


私の話に、その方の目が、みるみる涙でいっぱいになって、

真っ赤な目になって、

もうそれだけで思いが通じた気がしました


何年経っても薄れることのない思い、消えることのない思いですねと

そういう私に、その方は、言葉もなく深く頷かれてみえました



いつも楽しくお話して下さり、素敵な笑顔の方です

帰られる時には、いつもの私、いつものその方でした



最後に、いろいろな思い、上手に抱えて、上手に手放して、

生きていかないといけませんねと言われた言葉は

御自身に、そして、また私に向けられ、私も心の中で何度も頷きました



今日は、仕事中なのに思わす、涙がこぼれそうになりました。。。




月命日

昨日の月命日、いつもと同じで出勤前にお墓参りに行きました

寒い朝でしたが、空はとてもすっきりとしていてきれいでした

しばし見とれてしまいました

その日、その時

この日に必ずとお墓参りを重ねる自分に

何か割り切れないものを感じていました

夜、ここを開いて書き始めて、途中で消してしまいました

何かわからない自分の中の思いに自分が戸惑ってる感じです


もう寝よう、寝てしまおうとそう思ってベッドにもぐりこんだものの

また、

瞼を閉じたら広がる世界に眠ることができず

これなら、真っ暗な部屋で目を開けていた方がいいのかも…と思えたり

そんなことを思いながら

随分と時間が経ってから眠りにつきました

お蔭で今朝は、少し寝過ごして、

また慌ただしい一日の始まりとなってしまいました

仕事もなんとかセーフ(汗)

今は、気持ちも落ち着き(?)一日遅れでブログ更新。。。


月命日

いつもの慌ただしい朝と違って、今日は仕事がお休みだったので

ゆっくりとお墓参りにでかけることができました

久しぶりに娘やその小さな子供達も一緒に。。。

まだ3歳という小さな体で大きな水桶を運んできてくれて

花筒等に水を懸命に入れたりして手を合わせていました


そんな小さな姿に、つい息子の幼かった頃を

重ねあわせてしまうことが幾度とあります

ぼんやりしていたら、この子らもいつの間にか

息子の年齢に追いつくのも、あっという間に感じるのかも。。。



昨日は、高校時代の友人と一日一緒に過ごしました

久しぶりに連絡をもらって会ったことで、話は、とまらなく

ついには、高校時代の話にまでなってしまいました

話をしながら、

なんと時の流れの早いことかと二人で顔を見合わせて笑ってしまった



その時々は、その時々の現実と向き合っているので

時には、時が止まってしまったかのように感じることさえあるのにね



「時」というのは、ほんとに不思議な感覚だなぁ・・・なんて

そんなおかしな(?)思いがずっと頭の中で巡っていました













カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム