1年と5回目

1年とそして5回目の月命日の日は、寒くて雨降りでした。

月命日を迎える数日前から、
胸が締め付けられ、苦しくて、…と同時に
悲しくて寂しくて涙が溢れて…

息子が大好きだった曲を爆音で聴いたり…
そんな思いを吹っ飛ばしてくれるようにと。

雨の中のお墓参りは、いっそうその思いを深め…

そうして、月命日の日が過ぎていきました。

不思議ですね。

今はもうその苦しさはありません。

吹っ飛ばしてくれたのかな?

それともむこうから同じ思いでこちらを見ていたのかな?

私は、年を重ねてどんどんおばあちゃんになっていきます。

自分だけ若いままでずるい!なんて気もしますが、
  どんなに月日が経とうと、
    どんなに時が流れようと、
      どんなに姿が変わろうと、

いつも思う気持ちは変わらないから… ね。

どんどん歳を重ねた私達をちゃんと見失わないで見ててよ!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

  どんなに月日が経とうと、
    どんなに時が流れようと、
      どんなに姿が変わろうと、

いつも思う気持ちは変わらないから… ね。

そうね。。

もうすぐ 六回目の第二のお誕生日
 辛い日ではなくなってきましたが...複雑
大切な日 大切な日

幸せになってね...
しあわせになってね...
何百回繰返してきた言葉です

そうですね

どんなことがあっても、
  幸せでいてほしいと願っています。

毎日毎日、どんな時も、そう思っています。

そうあってくれるのであれば、
  私は、どんなことでも頑張れる・・・・

No title

ウンウン!そうですね!
時々 くじけそうになる私です
どうぞ よろしく 
渇入れてね!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム