今朝の夢

私の住んでる町が一度に見渡せてしまうとてもとても高い高い所に
ある知人の家を訪ねました。

知人の家の前の庭のほんの5メートル先は、すごいすごい崖っぷちです。
少し近づいてみましたが、足が震えて近づけません。
遥か下にある町が、見えます。

足がすくんで動けないでいる私の前に数人のちびっ子達が、どぉーっと
こちらに向けて走ってきます。

危ない!危ないってば!っと叫ぶ私の目に入ったのは…
先頭をすごい勢いで走っている… まだ小さな小さな私の息子です。
3歳?4歳?

目に入った瞬間、息子の姿は崖っぷちから消えました。
私の心臓はドキドキして… だから、危ないって言ったのに… と
何とも言えない絶望感でいっぱいになりました。

そんな私の目に入ったのは、崖っぷちに必死につかまってる小さな小さな手です。

足がすくんで動けないでいる私の目の前で…
小さな両手が、一生懸命動いています。
そのうちにごそごそ、もそもそとよじ登ってきたかと思うと…
何ごともなかったかのような顔で、

私の前を、  だーっと走って行ってしまいました。

たぶん、皆を追っかけて遊びに行ったようです。

まあ… ほんとに… あの子らしい… とただただ茫然としてる私。



家に帰ったら…

大学生のままの息子がいます。
卒業前にまだ出していない提出物に取り掛かっています。
いつものようにパソコンのことで私に聞いています。

とっても妙な気持で…

卒業式など… もう1年前に済んでいるのに…

それなのに… 出すの?  って思わず聞いてしまいました。


「まあ、いちおう残っていて出してないからね。」と息子。


「ふ?ん、そうなんだ、出すんだ(提出するんだ)…」

そんな会話をしていたら… 

また、携帯のアラームで目が覚めました。



いつもいつも、私は、息子の写真にむかってひとりごとを言います。

お母さんは、今までのようにU君と話がしたい。
普通に話がしたい。
お母さんは、絶対あきらめない。
うっとおしいなぁ?と思われてもね。
ずっと話しかけるから、いつか返事してねって。

それが例え、夢でも嬉しいよって。

だから、今朝は、 「ありがとうだよ。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム