今日という日が過ぎて

今日は、息子の命日です。

あれから一年。

早かった・・・・。

今日一日、いろいろな思いが駆け巡っていきました。
楽しい思い出も悲しい思い出も、
そして大きな自責の思いもたくさん溢れます。

それも大切なこと。


書き残したなかに、
「早く俺のことは忘れてほしい・・・」という言葉。

昨夜、来てくれた友人は、言ってたよ。

「忘れるなんてできっこない。
それどころか、ひとつでも多くあいつにかかわることは記憶に残しておきたい」と。
「あいつにかかわることならこれからもなんでも声をかけて下さい」と。

きっと、その言葉聞いてたよね・・・。


今日は、命日ということもあってとても賑やかでした。
笑いがいっぱいで。
いつも一緒にいた友人は、喋り方やボケ方やぼやきまで一緒で、まるで息子が
そこにいるようでした。

きっと、その笑いのなかにいたよね・・・。


今日は、ずっと部屋の電気をつけておきました。

部屋でくつろいでるんじゃないかな・・って思って。


友人らが帰った十時過ぎ、二階に上がって電気を消しました。

今日という日が過ぎたら、また明日から前を向いて一からはじまりだね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム