11回目の月命日

月日の流れが早くて・・・その流れについていくのにあたふたしています。

朝一番、いつものようにお寺さんに来ていただいてお経を頂きました。
来月迎える一周忌、そしてその時の納骨のお願いはもう先月にしてあります。
けれど未だに、分骨してあるものは、どうしよう・・・と少し迷っています。

先月、「私が死んだ時、息子の分骨したものを私のと一緒に納骨することって
変ですか?」と真顔で尋ねる私に、静かな口調で・・・
「なんの決まりごともありません。ご家族の方の気持ちが大切ですから、
一番いいと思うようにされたらいいと思います。」と言われました。


でも・・・ 息子が、もしかして、「一緒なんて俺ぜったい嫌だし!」っていうかも。
「そんなこといっても仕様がないじゃん、いないんだもん!しちゃうもん!」って
写真の息子に言い返してみたりの私です。大人気ない、困った人です。

今月に至っても悩んでいます・・・。

ご住職さんが、「分骨されたものは、またいつでも納めたいと思われた時に
されればいいですよ。急いでされて気持ちに無理があってはいけません。」
と言われました。


今月も昼前に友人らが来てくれました。
楽しい話をたくさんしていってくれました。
納骨の話も聞いてくれて・・・ 無理しないで下さいねってまた言われてしまいました。



夜も友人らが来てくれました。
彼らも楽しい話をしてくれました。
俺達、○○(息子のあだ名)がいなくなってからも、いつも飲みに行くと、
「これ○○の分!っていってちゃんとあいつのお酒のグラスも置くんですよ!」
「それに俺は夢でいつものように会って遊んでますよ。」
息子の写真を指差して、「いつもいつもこのままのこの顔の○○とね!」と。
ひとりの友人は笑いながら、息子の写真にむかって、
「俺んとこには、まだこない!なんでもいいから出てきてよ!」って。
そんな話をしながら皆笑っています。

友人のひとりが、
大きい方は納骨して先に行かれた方や先祖さんと・・・
小さい方は家族といつまでも一緒に僕ら含めて・・・
そうしたら、○○はどっちとも一緒にいられていいと思いませんか?

なんて案まで頂き・・・ 今皆帰っていきました。
いい案かもね・・・。

毎回ながら・・・この友人らには、「ありがとう」 でいっぱい。
私がこんなに心穏やかでいられるのは、皆のお陰だよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム