30歳

大きな一区切りのような気がする30歳

30歳の息子を思い巡らして想像の世界がどんどん広がってしまう

こちらの私達は、どんどんおじいちゃん、おばあちゃんになっているけど

変わらずそのまま22歳の息子の笑顔

まだまだ心の底に諦めきれない思いがあって

一緒に年を重ね、その様をこの目に納めていきたかったという思いが

この節目節目に顔を出します

子供への深い思いゆえ、毎回、わかっていながら繰り返す思いです


30歳の大人になった(おじさんになった?青年になった?)姿を

想像しながら、私が買ってきたのは、息子が好きだった

チョコレートのケーキです

そこの思考は、昔のままで、可笑しい気がして、

自分でもそんな自分が可笑しく思えたこの日でした





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム