6年前の私

先週の仕事がお休みの日、親友のKちゃんとコンサートに出かけました

クラッシックは、ほとんど興味がなかった私もピアノをするようになって

少しそちらにも目がいくようになりました(汗)

コンサートが終わってからの帰り、ゆっくりお茶をして話しこんでしまいました

話は、あっちへこっちへととび、まったくとぎれることがありません(^_^;)


そんな話の中でKちゃんが、6年前の私のことを話しはじめました

息子が亡くなって… 私は、2週間で仕事に復帰しましたが、

今でもその時のことはぼんやりしていてあまり覚えていません

Kちゃんは、私の休みの日になると必ず朝に、

「どうしてる?」のメールを入れてきて、その後、私の家に来ていました

時にお弁当を買ってきたよ~!とか、

美味しいケーキ一緒に食べよ~とか言って

半日程いつも滞在して帰っていきます

家にいる間は、ただただ私の傍に座って、

じっと私の話に耳を傾け、頷くだけです



Kちゃんもその数年前に息子さんを亡くしているので

きっと、子どもを失う悲しみを痛いほど知っているからでしょう。。。



  *****

私がインターホンを鳴らすとね

玄関のドアを開けて出てくる○ちゃん(わたしのこと)の顔がね

真っ白で何の表情もなくてね、

まるで空中をふわふわと漂っているかのように歩いてくるの。。。

生きてる感じがしない

その時の様子と顔が、鮮明に焼き付いて今でも忘れることができないの

だから、今、こうしていられること

ほんとによかったぁ・・・と思う。。。

  *****




そんなふうにしみじみと語るKちゃんにほんとうに有難くて有難くて。。。


私は、Kちゃんの息子さんが亡くなった時、

どうしていいかわからなくて・・・何もしてあげられなかったのにね

今でもそれは、悔やまれることです

でも、同じ立場にならないとわからない思い、気づかない思いもあります。。。


Kちゃんの話からここ数日、あらためて

自分自身の周りにいてくれる人の深い思いを感じていました

ほんと、ありがとうの思いばかりです





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム