空気と匂い

今日のお休みも図書館に出向き、目当ての本を数冊借りて

それから、車で20分程、隣の市にある公園に行ってきました

間近に見える山々に見とれてしまいます

公園の先に、登山道がみえますが、

今の私の体力では、登るのは無理でしょう。。。

今日は、広い公園内をぐるぐる歩いてきました

家に帰って遅いお昼ご飯を食べて、図書館で借りた本ではなく

読みかけになっていた電子書籍の本をまずは先にと

二階の仕事部屋(以前は息子の部屋)の南側のベランダ側にある

籐の椅子に深く腰かけて読みふけっていました

ガラス越しに入る暖かさに少しうとうと眠ってしまいました

ぼんやりした意識の中で感じたのは、「匂い」です

懐かしい匂い…

なんだろう・・・

この匂い・・・

そして、はっきりと目が覚めて思い出しました

息子の匂いです

でも、その時には、どんなに心澄まして匂いをさぐっても

その匂いはしません

寂しいけれど、そのうとうと感のわずかの間でした


見えない世界ではあるけれど・・・

もしかしたら、ほんの隣り合わせにいる?ある?のではないかしら…と

部屋をぐるぐると見渡してしまう


ふと、そんな自分が可笑しいです。。。





「匂い」と「空気」といえば、先日、とんぼ返りではありましたが

少しだけ用事で遠出しました

目的地に近づくにつれ、電車の窓から見える風景が懐かしくてたまりませんでした

以前にご縁があって知りえた人達と一緒に歩いた道も見えてきました

電車から降りて、外に出た時

なんともいえないその地の「空気」と「匂い」を感じました


不思議なものですね。。。





ちなみに今日借りた本は、

天童荒太さんの「静人日記」と一緒に並んでいた「あふれた愛」と

あとは、趣味の本を何冊かです

以前、お勧めと教えて頂いた「悼む人」をここで紹介して

その後、読まれたマリーさんの感想が

とても心に染みたのでここにご紹介します。。。

 **********

「悼む人」を読み終えて、余韻に浸ったまま「静人日記」を借りてきました

琴線に触れました

言葉で上手く表せませんが ただの小説というより 

主人公や悼まれた人たちのドキュメンタリ―のように感じました。。

一人一人の物語が胸に沁みました

 人として私にも何かは出来るんではないか・・

亡き人を悼むことは

生命の儚さを知って 一期一会を大事にすることかも・・

小さな幸せを大事にして 優しい気持ちで生きることかも・・

重たいテーマですが  そのまま通り過ぎることが出来ない

せめてご縁のある方々を こころから悼ませていただこう。。

祈ることも 悼むことも共通の部分があるような気がします。。

 **********






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

おはようございます
お休み、ゆっくり過ごすことができてよかったですね
思い出の場所ですか。。。
懐かしい思いと悲しさと入り混じりますよね
お話して下さった息子さんとの会話が聞こえてくるようでした
何度も繰り返し読んでしまいました。。。

昨日出かけた公園も久しぶりでした
ふっと行ってみようと思って。。。
息子が、ボーイスカウトに入って、まだ小さい時(ビーバースカウトやカブスカウト)
よくこの場所に集合したんです
近くにキャンプ場もありますしね
強引に途中から私までリーダーになってしまい、
あっちやこっちと近くも遠くも共に寝泊りをすることになり
今思えば、息子と過ごした時間は、濃いものだったのかもしれません

テントを張って寝る
バンガローで寝る
私自身、それが大の苦手で入れたのに
私まで共にすることになるとはね…(汗)
田舎育ちなのに自然の中、外で寝るのは大の苦手でしたから(>_<)


> マリーさんにも思いを分かち合えた事がとてもうれしく思います!

本はとてもよかったと言ってみえました
ご本人にお願いして、感想を載せさせてもらいました(*^^)v

いい本を紹介して下さってほんとありがとう!

No title

琴線に触れる本を紹介してくださって ありがとうございました

こころにずっしりときました
この本に出会えて ほんとうによかったです!

悼まずにはいられない気持が旅を続けさせる 
唯一無二の存在として 見ず知らずの人を心に刻んで 亡き人を忘れない。。
亡き人への感謝の思いが、その人を彩っていく、 と・・

何か とても大事な事を教えていただきました
娘を思う時
後悔や自責の念ばかりが浮かび 結局、何も出来なかったことが悔やまれます
悲しむのも苦しむのも、親として当然のことですが
娘と私のたくさんのありがとうを もっと大切にしようと思いました

皆さんの、ありがとうの物語も たくさんお聞きしたくなりました^^


>見えない世界ではあるけれど・・・

 もしかしたら、ほんの隣り合わせにいる?ある?のではないかしら…と

ふっと感じた「匂い」で一瞬にしてワープしたような気がしてしまいますね
匂いの主がそばに居るような気がしたり
その空気感の場所での出来事が瞬時に浮かんだり その季節に立ち戻ったり・・

ほんの隣り合わせにいる?ある?のかもしれませんね~^^

Re: No title

こんばんは

今回、お言葉にあまえて、マリーさんの感想を紹介させてもらいました
ほんとありがとうです
自分だけでなく、読み終えて、それぞれの思いを聞かせてもらうことで、
さらにまた深く刻まれる思いがします

なかなか自分だけでは巡り逢えない本を教えて頂けて嬉しいですね

> こころにずっしりときました
> この本に出会えて ほんとうによかったです!

同感です!(*^^)v

> 娘と私のたくさんのありがとうを もっと大切にしようと思いました

その思いがとても大切なことかもしれませんね

> ふっと感じた「匂い」で一瞬にしてワープしたような気がしてしまいますね
> ほんの隣り合わせにいる?ある?のかもしれませんね~^^

ねっ!そんな気持ちになる時ありますよね~(*^_^*)

No title

こんばんは、11月ですね〜
今年も残る所2ヶ月になってしまいましたね。
ふっと出かけた公園・・そこにもsoraさんのたくさんの思い出があったんですね
もちろん、あっちにも、こっちにも
思い出ばかりですよね。

マリーさん、私も後悔と自責の念ばかりです。
3年経った今でも(まさしく今朝もです)
明け方3時頃に目を覚ます事が多いのですが
ああすれば、こうすれば・・等そんな思いを巡らし始めると
もう、眠れない・・なんて日々がよくあります。

・・人と同じように全てに出会いがありますよね。
本も同じだと思います。

そんな本屋でタイトルに惹かれて出会った「悼む人」でした。
よくそんな気持ちで「本屋」「図書館」に足を運びます。
今日は良い本に出会えるかなって。

私達、soraさんやマリーさんのように
愛する人を亡くしたものだからこそ
深く、深く心に入ってくる物語だったのかもしれません。

soraさんのご紹介で出会った本もあります。
池井戸 潤さんのものや「春を背負って」又「心」等々
そうやって、出会う本も出会うべきして目の前に
現れたんだって思うんです。

だから、又、良い本に出会えたらいいなって思いますね。

又、ご紹介よろしくお願いしますね!

Re: No title

りらっくままさん、こんばんは

ほんとにあっちにもこっちにも思い出はいっぱいですね

> マリーさん、私も後悔と自責の念ばかりです。
> 3年経った今でも(まさしく今朝もです)
> 明け方3時頃に目を覚ます事が多いのですが
> ああすれば、こうすれば・・等そんな思いを巡らし始めると
> もう、眠れない・・なんて日々がよくあります。

皆、たらとればの思いが心の中で回り出して
どうしようもならない時… ありますよね。。。


> ・・人と同じように全てに出会いがありますよね。
> 本も同じだと思います。

以前は、本を読むことはあまりなかった私ですが
今は、なにかしら必ず読んでいます
この頃では、図書館通いも始まりましたしね

> だから、又、良い本に出会えたらいいなって思いますね。
> 又、ご紹介よろしくお願いしますね!

こちらこそ、よろしくね!

No title

りらっくままさん こんばんは

> 3年経った今でも(まさしく今朝もです)
> 明け方3時頃に目を覚ます事が多いのですが
> ああすれば、こうすれば・・等そんな思いを巡らし始めると
> もう、眠れない・・なんて日々がよくあります。

そうなんですね。。
この思いは 時間が経つと楽になるのもではありませんものね・・

私も本が好きなんです
ほんとに人との出会いと、本との出会いは同じですね
良い本で出会えると 人間がゆたかになるような気がします
私は古本屋さんも大好きです^^
池田晶子さんの本は見つけると買ってしまいます
ほとんど乱読です

こちらこそ 又、ご紹介よろしくお願いします!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム