母の夢を見ました

すごく久しぶりに見ました

母の夢は、いつも節目節目にメッセージが込められていることが多くて

母の初盆の時、 

母の三回忌の時、

また孫であるうちの娘の結婚式の前にと。。。

その時々に母の残した言葉は、夢の中とはいえ忘れることができません


でも、今朝の夢は、今までになくのんびりとしたものでした

私が生まれ育った風景の中を母とゆったりとあちこちと

話をしながら歩いている夢でした


母が生きてる時、日々慌ただしくて、

いつもテキパキと動いている母の姿しか思い出せません

だから、こんなにゆったりと母と過ごせたことは、

この夢の中だけのような気がします


目が覚めたら・・・ なんだか心がたっぷり充電されたような気がしました

(お母さん、ありがとうです)


いつもは、夢の中でも 「喝」を入れられることが多い私ですけれどね(汗)

それもある意味、とっても嬉しいけど




あぁ。。。 そういえば、「喝」で、思い出します 

弟が、翌朝に急の納品という仕事が入った時の話

その商品を間に合わすために夜通し仕事をして

なんとか目処がついた時、気が緩んで・・・ うとうとと眠ってしまった時

明け方、いきなり頭をボカン!って叩かれて目が覚めたという

時計を見たら、もう、とうに納品に出かけなくては時間

急いで納品へ向かったと。。。

その頭を叩かれて目が覚めたお陰で

無事、約束の時間に納品、ギリギリセーフ(汗)



小さい時、やんちゃでわんぱくだった弟は、よく母にボカン!と叩かれていたようで

弟曰く、あの頭の叩かれ具合は、まさにお母さんに間違いないという。。。

しかし… 容赦ない叩き方だったと笑っていた




もう、こんなおじさん、おばさんになった私達でも

お母さんには、いつまでも子どもなんですねぇ。。。

ほんとに、ありがたいです


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム