5年

今日は、寒い日でした

朝は空が青く澄みきっていてきれいでした

もう…なのか、まだ…なのか、

相変わらずここだけは、「時」の流れが自分でもよくわからない

5年が経ちました


仕事をしてる時、

人と話している時、

明るく笑って話してる私がいます

でも、その時の私は、日が浅い頃の時とは違って

無理して笑顔を作っているわけじゃありません

その笑ってる私もほんとの私です




朝、出勤前にお墓参りに出かけた時、

澄みきった青い空を眺めて

なにかしら切ない思いでいっぱいになって涙目になってしまったり

仕事を早く終えて帰る時、

灰色がかった空を眺めて

また、無性に切ない思いでいっぱいになって涙目になってしまったり


そんな切ない思いをいっぱい抱えている私もほんとの私です



今思えば…

家族みんなでお腹がよじれる程笑って過ごしたあの頃が、

まるで「奇跡の時」のよう




あの頃には、とてもとてもほど遠いけれど

この5年という月日を振り返って

息子が残した言葉どおり、「変わらぬ私達でいる」ことに

少しづつ、少しづつ… 近づいていってるかな。。。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

失ってはじめて、深く深く気づくことがありますね

こちらこそ、同じ道を一緒に歩けたら
こんな心強いことはありません

いろいろな思いを語りながら。。。ね


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム