私の思い

ある方とのお話の流れから、

ほんとうに日が浅い頃のことが思い出されました

亡くなって間もない頃、娘が私に言ったのです

「お母さん、○○(息子のこと)は、亡くなる時、苦しくなかったのかな…」

「苦しい時間は、あっという間だったのかな…」

「苦しんでないといいな…」



頬に乾いた涙の跡。。。

悲しかったのかもしれないし…

苦しかったのかもしれない



でも、今、

むこうでの息子は、苦しんでもいないし、

もう悲しんでもいない

でなければ、あの満面の笑みで現れることはないだろう


いつも思う 

亡くなったって、ずっと親子なんだから

こちらとなんら変わりない

私は、生涯、息子が穏やかでいることを思い続け、願い続ける


でも…

こちらで心配するまでもなく、どの子もみんな

あたたかく見守られている…

そんな気がします



いつか、息子が大勢の若者たちと楽しそうにしていた

どの子もどの子も私の知らない子たちばかりだったけど

どの子もほんとうに楽しそうに笑ってた

きっと?

だから?

みんな、心配はいらないって、思ってしまう





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

亡くなった者はみんな、みんな、穏やかですよ。
霊感とか、なんにもない私が確信できるんだから。

赦されて逝ったんです。
今はとびきりの笑顔です。

泣いている私を心配そうに見守ってくれています。
息子が穏やかでいてくれる。
これだけで十分です。

Re: No title

鍵コメさん

私もね、最後の息子の『頬に乾いた涙の跡。。。』のことをふと思い出すと
なんともいえない思いでいっぱいになり…胸が苦しく潰れそうになります

今はもう苦しんでも悲しんでもいないとわかっていても
それは、私の中から消すことはできません

苦しい思いであっても、自分の心からなくなってほしいとも思いません

矛盾してる感じかもしれませんが、
すべてを抱えて生きていきたいのです

私の思いに涙して下さってありがとう
でも…きっと同じ思いなんですよね

こちらこそ、深く深く… ありがとうです

Re: No title

「母さん」さん、こんにちは

> 霊感とか、なんにもない私が確信できるんだから。

ずっと以前読んだ本だから記憶があやしいんですけど、江原さんだったかな。。。

もし、あなたがその方と生前ちゃんと向き合っていたら…
私がこう思ったら、きっとこういって返事するよねとすぐ言葉が浮かぶでしょ… 
それが亡くなった人との会話なんですよと。。。

霊感とかがあってもなくても、
そんな思いのやり取りがちゃんと出来てるからじゃないんでしょうか

> 今はとびきりの笑顔です。
> 泣いている私を心配そうに見守ってくれています。
> 息子が穏やかでいてくれる。
> これだけで十分です。

穏やかでいてくれる…
  それだけでほんとうに十分ですよね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

二人目の鍵コメさんへ

はじめまして、コメント入れて下さってありがとうございます

お話を読ませてもらいました
何度も何度も読ませて頂きました

なんだか、息子と重なります。。。

そして、母の思いも同じ
いろいろなことに関しても同じ思いで読んでいて下さったんですね

子供を亡くすということ…
一人で抱えるには、ほんとうに重すぎる思いです
時に自分の思いに押し潰されそうになってしまいますしね


4年半経って心の波は小さくなってきましたが、日々ふとしたことで涙がこぼれます
(それは、親の思いとして仕方がないことだと思っていますけど)


息子たちは、むこうできっと穏やかでいてくれることでしょう

そして、これからもより穏やかでいてくれるよう祈り願いたいと思っています

また、私達も息子達に心配かけないように一緒にゆっくり前に進んでいけたらと… そう思います

乾いた涙のあと

soraさん、こんばんは。

乾いた涙のあと・・。
これは、胸にずしっと来ました。
辛いです。

>今はもう苦しんでも悲しんでもいないとわかっていても
>それは、私の中から消すことはできません

soraさんがコメントに書かれたように、
私も同じ思いです。
むしろ、ときどき無理やりに記憶を呼び戻し、
自分を苦しめていたりします・・。

なぜなのかなぁ・・。
やっぱり、自分が許せていなのかも。
もっと、苦しまないと、許せないんですかね・・。
そんなこと、息子が一番悲しむのにね。

へんなコメント書いてゴメンナサイ。

今は、安らかでいるから、もうこんな癖、やめないとですね。

Re: 乾いた涙のあと

ねこうさぎさん、おはようございます

> むしろ、ときどき無理やりに記憶を呼び戻し、
> 自分を苦しめていたりします・・。
>
> なぜなのかなぁ・・。

ねこうさぎさんのコメントにふと私も、自分ってどうなんだろうと
考えてみました

きっと日が浅い頃は、そうだったように思います

でも、今、息子のことは、ほんとうに心配いらないと思っているし、
私の心の波も小さくて以前に比べたら穏やかです

どんな辛いことでもどんな小さなことでも
息子にかかわることは、すべて抱えられるようになって

悲しい思いも辛い思いも切ない思いもすべて息子に繋がるものは
今はそれさえも大切と思えてしまって決して忘れたくないと
思っているのが、今の私のようです

そんな私の様子も息子は、笑ってる見てる気がします

私こそなんか言いたいことがうまく伝えられなくって…(汗)
 すみませんi-230
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム