心配

今日は、親戚の法事でした

法要が済んでお墓へお参りにむかう時、

はるかに私より大きくなった甥っ子が、すっと私の横に来て

私の顔を見ながら

「おばさん… 元気?」と聞いてきた

「元気だよ」と即答したけれど(ちょっと心に嘘があるなぁ…と)

「まあ、ぼちぼちだけどね」という言葉もつけ加えておいた


食事の席で隣に座ったさっきの弟にあたる甥っ子が、

「おばさん、元気?」

「仕事忙しい?」

「休みは、何して過ごしてるの?」と聞いてきた


それに答える私の話をずっと聞きながら、頷いてた。。。



それからは、皆の近況報告やらが飛び交ってあっという間に

その時間が過ぎて家に帰りました



夜、夕飯をすませて、ぼんやりとテレビを見ていたら

涙が溢れてとまらない


甥っ子の、「おばさん、元気?」っていう言葉が

私の頭の中で回り出したからだ




思春期のこの子達は、ほんとうに大変な経験、思いをしてきた

よく踏ん張ってよく乗り越えてきたといつもそう思っている子たち。。。

その子たちの言葉だから

私のことをほんとうに心配してくれてるんだ…という思いが伝わってきて

心配そうに覗きこんできた顔が浮かぶ


ありがとう、心配かけてるんだね

自分では、以前と変わらぬ私でいるつもりだけど、小さい時から知ってるから

わかっちゃうのかな…

ちょっぴり自分が情けなくもあったけれど

いつかちゃんとその心にお返しできるようになるから、ならなければね


今年は新年そうそう、

あっちから、こっちから、いっぱい「力」もらっちゃったゎ。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大人になった甥っ子さんたち
とっても温かいですね


娘の法事
初めのころは 辛くて辛くて意味がないように感じたりしました

でも 
近況を報告したり 相手を思い遣ったり
こちらに残った縁者たちが一堂に会して お互いを思いやって生きて行く。。
思いがけない力をいただいたり
温かなご縁が育っていく場なのかもしれませんね

Re: No title

> 大人になった甥っ子さんたち
> とっても温かいですね

うちの子達も甥っ子達も一緒にほんとうによく行きしお泊りし
遊んだものです
だから、私が息子を亡くしてどれほど悲しんでいるかが
わかるのでしょうね。。。

そっと不安げに聞いてきた言葉
おばさんの休みは、何してるんだろうという思いの裏に
大丈夫なんかな…という思いを感じてしまうんですよね

ほんとうに優しい子たちです

同じお寺なので息子のお墓にも参ってくれました

> 娘の法事
> 初めのころは 辛くて辛くて意味がないように感じたりしました

初めの頃は、辛い思いや悲しい思いが自分の心を周囲と遮断していて
見えないものがいっぱいあったような気がします

> こちらに残った縁者たちが一堂に会して お互いを思いやって生きて行く。。
> 思いがけない力をいただいたり
> 温かなご縁が育っていく場なのかもしれませんね

お寺さんもよくそうおっしゃいます
そこに集まるすべての人が自分と同じ思いというわけにはいきませんがその中で頂く思いもありますね

小さい時から見ていた甥っ子たちが、私よりはるかに体も大きくなり
それと同じぐらいに心も大きくなっていたことが嬉しかったですね。。。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム