4年

4年という「時」が流れました

私の友人や近所の友人や、また息子の友達が来てくれて

仏壇の息子の写真の前は、お花やお菓子で賑やかです



この4年の間に娘が結婚して子供が産まれてと

私の生活にはいろいろな変化があり

確実に私の周りで「時」は流れています

息子の友人らも結婚した子や、子供が産まれて親になった子もいて

やはりここでも確実に「時」は流れています

でも

私と息子との間には、「時」というものが存在しません

うまく表現出来ませんが、「時」が止まっているとかではなくて

存在しないのです (変ですね)



主人は、昨夜から旅行に出かけました

私は、命日だからと仕事は休みをとりました

今日ぐらいは、一日この家にずっといたい気がして

さすがに夜は、ひとりで過ごすのは寂しくて不安が募るのかと

思っていたら、心は意外と静かでした

4年前を知らず知らずひとりで辿ってはいましたけれど。。。

空の上から見ている息子は、自分のことに構わず生活してる

主人の方が、いつもの親父らしい…と笑って見てる気がします


午後、娘とその赤ちゃんと3人でお墓参りに出かけました

それはそれで息子は、笑って見てる気がします


また、明日からゆっくりとゆっくりと生きていこう




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほのぼの

>午後、娘とその赤ちゃんと3人でお墓参りに出かけました
>それはそれで息子は、笑って見てる気がします

息子さん交えたほのぼのとした時間ですね。
いいですねぇ。 ちょっぴりうらやましく・・・
       (誤解しないでくださいね)
私も一緒に息子さんの前で
       のんびりさせていただいた気がします。

そうでうね。
私達と空の上の子達との間には、「時」というものが存在しませんね。
でもSUさんが言われるように
確実にあの子達に逢える時は近づいているのですよね。

ほのぼの・・・ 続き?

娘が、ベビーカーを引き、お墓の前で赤ちゃんに説明してました

「ここがね~、お墓だよ ここにね~、皆いるんだよ~」って。

こんなちっちゃな赤ちゃんを見て
おばあちゃんのメロメロ笑った顔が浮かび、
だいの子供好きな息子は、
いっぱい変顔して、あやしてるんだろうなぁ。。。(笑)

そんなひとときでした
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム