息子の部屋

息子が亡くなって、もう8ヶ月ちかくになります。

亡くなってすぐは、自分自身も混乱の中・・・

自死した「魂」は、暗闇に閉ざされて深く孤独の中で苦しんでいるという本を
何冊も目にして・・・いてもたってもいられず心落ち着きませんでした。
それ以前に・・・
もしかしていつまでもこの部屋で苦しみさまよっていたらどうしよう・・・とか
思ったりして・・・
毎朝、仕事に行く前に必ず声をかけに部屋に入り・・・
「まだ、ここにいる?」
「U君は、死んでしまったんだよ。」
「周りをちゃんとみてごらん。
必ずU君のことを見てくれてちゃんと見守ってくれて迎えにきてくれてるはずだよ。」
「ちゃんと見てよ。」
「むこうの世界にちゃんと行ってね。そしたらむこうからちゃんと笑って見ててね。。。」
・・・と、なんだか自分でも変なんだけどそんなことをぶつぶつ言い続けた日々。


それからは、掃除に入ったり、窓を開けに入ったり、時にはベットに腰掛けて
いろいろなことを考えるために入ったり・・・・。


最近は、
ピアノをはじめたせいで休みの昨日今日は頻繁に出入りします。
蒸し暑いのとご近所に下手なピアノの音が聞こえないようにと
窓を閉めてエアコンをつけて練習します。


今まではふんわりだったのが、閉め切っているせいか、息子の匂いがすごくします。
私がピアノをとちると・・・ その匂いのせいか笑った顔が浮かびます。


夜は娘に少しわからないところを聴きたくて、また部屋に入って
あれやこれや教えてもらってました。

たまたま私の妹と姪っ子がきました。
2階の息子の部屋に入るやいなや・・・
「めちゃU君の匂いがするね!」って。

保育園の時から小学生、中学生、高校生、大学生・・・
いつもいつも大勢の友達が出入りし、我が家で一番賑やかだった部屋。

今は通るたびに寂しい思いがしてた私でした。

でも今、ピアノはじめてよかった・・・と心から思います。
まだまだ指も全然動かずにあたふたしていますが・・・
それとは別に心がすごく落ち着きます。
息子がすごく身近に感じられるようになりました。

たぶん、それは息子の匂いのせいでしょう。

「また、とちってる!?」って呆れて笑ってるでしょうね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム