なんだか切ないね

昨日は、久しぶりに隣の友人とお茶をしました

お互いの仕事の休みがやっとあって隣同士なのに超久しぶりです

ここに引っ越してきてもう20数年

ずっと仲良くしてもらって私の大切な友人の一人です

息子が亡くなった時家族で駆けつけてくれて

ずっと寄り添ってくれた

それから、日を開けず何度も何度も私にメールを送って元気づけてくれた

命日には、必ずいつも大きなお花を届けてくれる

心温かい友人です




隣には息子と同い年の息子さんがいます

兄弟のようにいつもいつも遊び育ってきました

今度、海外で結婚式を挙げることになったようです

(この話も私が聞いたから話してくれたのですが…)

海外までついていきたくないと友人はぼやいていました

我が子同様の息子さんのこと

「ああ… よかったぁ ほんとおめでとうだね」なんて

  ほんとうに心からそう思うのです



だけど…



これは、どうすることも出来ない思いだけど

なんだか切なくて…ね

なんだか寂しくて…ね

ちょっぴり いやいや…ちょっぴりじゃないかも



でもさ

これからも、まあ、こんなことはいっぱいあるだろうね


深~く息を吸って吐いたら… その思いに一区切り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

もしかしたら的外れな事いってるかもしれませんが、、
弟の友達に会うときがあって
就職先の話とか、最近どうしてるって話をきくと、
すごい切なくなるんですよね。。

あぁ・・生きてたら今どうしてるかなって。

たまに
なんで、この子が生きてるのに
うちの弟は・・なんて悪い考えもよぎって
自己嫌悪になったりするんですよね。。



しかし、本当にすばらしいご友人の方ですね^^。

人間らしさ

>なんだか切なくて…ね
>なんだか寂しくて…ね

娘が逝ってしまってかた6年経って感じます。

それまでは、”感情・・・”がありませんでしたね。

少し人間らしく、生きているのかもしれませんね(笑)。

背負いましょうね

切なさ、寂しさ…ね。


背負います。

うまくコメントに載せれませんでした(侘)

norikiさんへ

コメントありがとうございます

>なんで、この子が生きてるのに
 うちの弟は・・なんて悪い考えもよぎって

同じことを今でも(まだ?!)時々ふとそう思うことがあります
日が浅い頃は、その思いがずっとぐるぐるしてた気がします

また当時は、職場から一歩外に出て
街中を楽しそうに歩いている全然知らない若者を
見るだけでも苦しくなり…
(なんで皆こうして生きてるのに・・・ うちは・・・とそして
どうしていないの・・・って)

体は雲の上を歩いているようにふわふわしてるし
だけどなにか大声で叫びたくなるような…
ほんとうになんだか無茶苦茶でした

でも大切な家族を失うということは
自分が自分でなくなってしまって
もとの自分に戻ることは容易ではありませんしね

出先でnorikiさんのコメントを読みました
当時の無茶苦茶な心の私が不意に浮かんできて
なんか急に涙が溢れました

切ないことも寂しいこともたくさんありますが
今は静かな気持ちです

いつもいろんなことに気づかせてもらってます
ほんとうにありがとうございます

丸虫さんへ

こんばんは

>それまでは、”感情・・・”がありませんでしたね。

>少し人間らしく、生きているのかもしれませんね(笑)。

少し人間らしく…

丸虫さんは、
なんかきらきらしてるところがいっぱいあって
ステキだなぁと私は思ってるよ

でも、この切なさ、寂しさは、また別だもんね

この思いに負けないぐらいに
また、たくさん話がしたいね 
こどもたちのこともね!

話すと結構パワーアップしないかな?






カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム