2年と11回目

淡い色の花束は 母のお墓に

   おじいちゃん おばあちゃん おかあさん…

濃い色の花束は 息子のお墓に

   お姑さん ○○くん…



二つのお墓は、少し離れていますが

ちょうどまっすぐに向き合っています


あっちへ こっちへと

ちょうど 真ん中に立てば

私は、息子に 母に 囲まれています


とても穏やかなお天気のなか 心まで穏やかに



もうじき3年

心が揺れ動き どうしようない時がいっぱい


でも 今思えば…

その時 その時 私の心を救いあげてくれたのは

夢のなかに出てくる 

いつも通りの息子であり 母であり お姑さんでした


静かに静かに目を閉じれば 笑ってる顔 顔 顔


遠いところに行ったわけでもない 

ちゃんと私のなかに皆いる



今朝もお姑さんとふたり 思いっきり笑った夢を見ました

笑ってる私の腕のなかには しかっと抱かれた赤ちゃんが…

そうそう もう時の流れなど関係なく

すべて同じ線上にあるようなそんな気がしました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム