わかっていないのは私?

夜、寝る前にトイレにと部屋を出た時

「一番わかっていないのは、あなただね」


「・・・・ 。」


「私が?一番なにをわかっていないの?」


私の頭の中にふっと浮かんだ言葉なのに

自分でもなんだかよくわかりません



ベットの上で本を読んだりしていましたが
知らない間に壁にもたれうとうと眠ってしまい・・・

風邪をひいては大変とすぐベットに入りました


途中、また目が覚めました・・・


私は、夢を見ていました

私の狭い部屋の・・・ そのベットの傍らに・・・

私の「母」と私の「息子」が眠っています

私の気配にふたりは、むくむくと起きて・・・

いつもと変わらず・・・ 「なに?」っていう表情です

そしていつものように少し話をして・・・




そして、また、私は朝まで眠りました



目が覚めて気がつきました


私の大切な大切な人達は、いつもいつも変わらず

私の傍にいてくれるということを・・・


だけど、私は、


目に見えないからといって・・・

声が聞こえないからといって・・・


悲しくて泣いたり、どこで今はどうしてるの?と何度も聞いたり、


何も答えてくれない息子と母の写真にむかって・・・



  **********************



「一番わかっていないのはあなただね」



そう、一番わかっていないのは私だった




以前だって、ぴったりと寄り添って歩いてくれる息子の夢をみたじゃない


いつも一緒だよっと言ってくれるかのように・・・



なのに 私は、すぐに忘れて・・・ 会いたくなってしまう





だから 誰かがこっそりつぶやいて教えてくれたのかもしれない


一番わかっていないのはあなただね・・・  ということを
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム