ある出来事

先日、職場で隣の部屋で一人で仕事をされてる上司の方が

これ見て、これ見てと、両手をまくって見せて下さいました

鳥肌!鳥肌!と。。。

すごく大柄でがっちりタイプの男性なのですが

どうされたのかな~と思ったら、

部屋に男の人が歩いていくのが見えた・・・と。。。

本来は、いない方です

誰がいるんだろうと確かめたら、誰もいなくて・・・と。。。




中学生の頃から、そんなことが珍しくなかった私には

不思議なことでもないので

あぁ・・・ 見えることもありますよね~とお話したら

「え~~」っと驚かれてしまいました




息子が亡くなってから数年経った頃

今までみたいにもう来れないよと、そんな言葉を私に残してから

ほんとうにその時までのように息子の姿を見ることはなくなってしまいました

だから、少し羨ましく、心の中で

息子たちのこと、もっと見えたらいいのになぁ~とつい思ってしまいました




スポンサーサイト

月命日

今日は、夏日のような暑さ

半袖で、家の窓は全部開け放して過ごしています

仕事はお休みなので、午前中は家事に専念して、

午後からお墓参りに行ってきました

ふと、お墓の前で手を合わせながら、あちらの世界では

きっと暑さとか寒さとか関係ないんだよね・・・なんて想像しながら

また

でも、なにかしら忙しくしているんだろうなぁ・・・とも思ってみたり

こちらのこと、どんなふうに眺めているんだろうかな・・・とか




お天気がよくて、すっきりとした空が広がっているせいなのか

こちらの思いもどんどん広がっていきます

そんな様子に苦笑いしてるかも。。。 広がり過ぎだよ・・・と





カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム