今朝になってやっと

今週の月曜、父が救急車で運ばれたと連絡が入り

仕事を早退をさせてもらって病院へ行かせてもらいました

応急処置をして頂いた父は、痛みから解放されて穏やかにしていました

とりあえずはと、ほっとしたその翌日の夜から

今度は私が寝込むことになってしまいました

今日で4日目

さすがに昨日は痛みと熱がとれないので休日診療所に行き

診察と薬を。。。

お陰で今日は起きれそうだ

唯一口にできるものはポカリスエット



   *****

口にするたびに思い出すこと

30代の後半、体調が悪くてよく寝込んでいた私の顔を覗き込んで

学校から帰ってくるとすぐ息子は、「ポカリ、買ってこようか?」と

言っていたことを。。。  まだ小学生だったなぁ・・・

そんなことを思いだしながら、この数日、ポカリを口にしていました

   *****



病院で父は、自分が高齢になって何度かいろいろな病気になって

自分だけでどうしようもないことが増えてきて情けないという

皆に迷惑かけてるなぁ~。。。と

(子供達は、ちっとも迷惑だなんて思ってないんだよ~!)




   *****

息子がまだ高校生の頃、テレビの番組を見ていて(高齢者を取り上げた)

自分のやりたいことが自分でできなくなってまで僕は生きていたくないと

言ったことを思い出した

その時の私は、そうじゃないという私の思いを上手く言えなかったことが

今でもしっかり心に残っている

   *****



いまなら、言えるかも。。。

自分の命だけど自分だけのものじゃない

そこに存在していてくれることで

周囲の人間は、どんなに救われ、支えられているかということを


もちろん、いつか人は別れなければならない日がくるけれど

その日まで大事にかかわりあって生きていきたいと。。。


今回の父のことでまた深く考えさせられたことです


そして、振り返れば

そこにいてくれるだけでいいのだと、

どうしてもっと深く伝えられなかったんだろうと

また、少し、たらとればが巡ってしまった日々でした




スポンサーサイト

あれ?!

体調もなんとか復活しての今朝のこと

朝、起きていつものように朝食の準備、洗濯をしていたら

主人が起きてきて、声をかけてきたので

家事をしながら返事をして・・・

あれ?!

私、声が出てない??

全然、喉にも体にも違和感かけらもないのに

声が出ない?

出る音もあるけれど、聞き取りにくい。。。

話すことが仕事なのにどうするの…と慌てて

家事しながら発声練習してみたけれど、かすかに聞こえる自分の声。。。

まだ、次の休みまで2日あるんだけど、

どうして仕事すればいいのかしら (>_<)


明日の朝には、声、出てますように。。。


月命日

今日は、仕事がお休みなので、のんびりと午後から

お墓参りに行ってきました

雲ひとつないきれいな青い空、

ちょっと暑い日でしたが気持ちの良いものです


最近、年齢のせいもあるかもしれないけれど体力がかなり落ちてる感じ

少し迷っていたけれど、そろそろテニスを再開しようかな。。。

ゆっくりゆっくりペースで


なんだか、ちょっと元気で走り回ってる姿も見せたいしね

そしたら、きっと、また、いろんなこと思い出すよね

だって、よ~く一緒にテニスしたもんね


涙腺の壊れた一日

朝まで降り続いた雨が上がって、澄みきった空気の中

仕事に向かう途中、遠くに見える山々がくっきりと見えて

久々に見入ってしまいました

我が家は、少し地形の高いところにあるせいなのか、

その風景は、そこからしか見えません



  *****

息子が高校の時、よく友人が遊びに来ていたのですが

後で、息子が言うんです

皆が、ここ、空気薄くない?って、母さん、可笑しいでしょ

薄いわけないじゃん、高い山ってわけじゃないし!

そんな話で盛り上がって笑ったね

皆、長く続く坂道を一生懸命自転車ではしってきて疲れただけじゃないの~なんて


そんな友人らが、息子の葬儀の当日、急に入った連絡に半信半疑で

そんなわけがないと家に駆けつけてくれたこと

何度インターホン鳴らしても応答のない家の前で途方にくれながらも

途中にあった斎場の「○○家」という同じ名前にまさかと

そのまま、着の身着のまま、飛び込んできたあの日のこと

今でも鮮明に思い出されます

そして

祭壇に飾られた写真を見て、立ちつくしていた皆の姿

言葉もなく泣いていたことを。。。


  *****


久しぶりに遠くの山々がきれいに見えたことで思い出されたひとコマに

どうして、こんなに泣けちゃうんだろう…と思うほど涙がとまらなくて

車が、街中、何車線もある道路に入ってビルばかりが立ち並ぶ風景になって

やっと涙がとまった (こんな時もあるよね…と思いながら仕事へ)




職場に少し早く着いた今日、同時に随分早くいらした方がみえて

しばらくふたりだけの時間になりました

私より少し年上の方ですが、ほんとにいつもおしゃれで人あたりの柔らかい

とっても素敵な男性です

その方が、白黒の写真を見せて下さいました

何十年も前に撮られたご家族の写真です

そのひとりのご家族をその当時に亡くされたというお話をして下さいました

それから、会社もやめ、何十年もの間、友人らとの連絡もすべて絶ち

親しい人と関わることをすべてやめて生きてきました・・・と。。。

ただひたすら、かたくなに人と関わることを避けて

ご自分でもどうしてでしょうねぇ・・・とおっしゃいながら



抱えきれない苦しさや辛さに押しつぶされそうになった時

それぞれのその人その人の精一杯の生き方があるのかもしれないと

私は、そのお話を伺っててそう思いました

その時のそんな自分を

そのかたくなな自分が一生懸命支えてくれてたんでしょうかね。。。

ふと、そうお話すると

そうですね・・・そうかもしれませんねと頷いてみえました

他の方がみえるまでいろいろなお話をして下さいました

そのお話に、また、私は泣きそうになりました



仕事を終えての帰り道、ほんとうに優しくて温かいまなざしのその方のお顔が

浮かんできて、胸の奥が痛くなってきて涙がこぼれました


ほんとうにほんとうに素晴らしくて素敵な方です

たくさんのことを学ばせてもらいました

たくさんのことを気づかせていただきました

心にしっかり刻んでおきたい思いだとそう思いました


今日は、涙腺が完全に壊れてしまった一日でした

八十八箇所霊場巡り-15

昨日は、前回約束していた霊場巡りの日でした

ふたつの島に渡ります

お天気は、暑いぐらいの日でしたが、海から流れてくる風は

ひんやりとしてとても気持ちのいい

長い時間、その風にあたっていたくなるような心地よさでした

海も透き通っていてとてもきれい!

島

島を巡って、少しまだ早かったので

少し場所的には、離れているところでしたが、そちらも3箇所廻りました

場所は、交通手段のないところなので最後は、黙々と8キロ程歩きました

ひとつの大きな山を越えなくてはいけません(汗)

でも、私達よりもご年配の方々が、白衣姿で杖をつき鈴を鳴らして

歩かれている姿を何度もお見かけし、

また、すれ違うたびにお互いにどちらからともなく言葉をかわすうちに

背中を押されてるような気持ちになり、大きな道に出ることができました

その時の私は、足を曲げることもできないほど、ぱんぱんにはっていて、

日頃の運動不足をまたあらためて痛感することに。。。

2012年の4月からはじめた霊場巡り、4年かかってすべて廻り終えました

朱印帳

お寺でお札を納め、お経をお唱えして、ご朱印を頂いた納経帳です(↑)

帰りの電車の中でKちゃんと4年かかっちゃったね~なんて、しみじみと眺めながら

最後のこの日は、とても遅い遅い帰宅になりました

私は、お風呂に入るなりバタンキューでした

Kちゃんもお疲れ様でした



本とビデオ三昧

今日は、仕事が臨時のお休みとなり

朝から本を読み、午後から録画しておいたビデオを見て過ごしています

本は、本屋大賞となった宮下奈都さんの「羊と鋼の森」

私が勝手にタイトルから想像していたのとは、まったく違っていて

ピアノの調律師のお話でした

淡々と静かに広がっていく内容に引き込まれ、すぐに読み終えてしまいました

調律ということは、知っていたものの、こんなに奥の深いものなのだ・・・と

この年になって初めて知りました(汗)

その難しい仕事にむきあう青年に教えられることがいっぱいのお話でした

午後からは、本で読もうと思っていたところ、テレビで放送されていた

「ソロモンの偽証」 前、後の2本

時間が長いのでちょっとだけにしようと思っていたのに先が気になり

結局、全部見てしまいました

最後の展開に驚きとともに涙がとまらなくて・・・。。。



今日は、雨降りのせいか肌寒くて重ね着して過ごさねばならない程

ちょうど一日、家におこもりのいい日になりました



カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム