八十八箇所霊場巡り-13

今日は、1年半ぶりに霊場巡りを再開しました

今年の暑い夏で体力は、がっくり落ちているので心配でしたが

なんとか8か所のお寺を巡ることができました

umi01.jpg

電車やバスを乗り継ぎ、後は、黙々とこの海岸沿いを歩くこと7~8キロ

歩いても歩いてもお寺は、先の先。。。 見えない。。。

umi03.jpg

やっと先端の曲がり角が近くなってきましたが・・・(汗)

でも

空は雲ひとつないきれいな青い空

顔にかかる風もすごく気持ちがいい

相当歩いてる感があるものの、

広い広い海を眺めながら歩いていると不思議と疲れを感じない

umi04.jpg

癒された感がいっぱいで家に帰りました



  ******

途中の「海に浮かぶ弘法大師像」が。。。

umi02.jpg

  ******

スポンサーサイト

月命日

少し前に仕事の関係でお会いした方なのですが

初めてお会いした時から

何かしらその方から感じられる穏やかなオーラみたいなものに

惹かれていました

また、笑顔がとても素敵なんです

もう、かなり高齢な男の方なんですが。。。


お会いしてから何度目かに知りました

大切な息子さんを亡くされて日が浅いことを

あの時、気がついていれば・・・ の思い 

繰り返される、たらればの思い

 

穏やかな笑顔で

もう、自分のやりたいことは全部やってしまったなぁ~

もう、何もやり残したことはないなぁ~


深い悲しみを心の奥底に抱えての穏やかに笑った顔が

私の心に深く刻まれました




先日、仕事の合間の短い時間ですが、空いた時間に外で

人と会いました

出会いは、ネット繋がりです

一緒にお茶をしてお話をしました

彼女の穏やかな、少し微笑んだ顔も心に残っています


大切な人を亡くした人達と出会っていくなかで、この頃感じます

皆、それぞれに決して消えることのない苦しくて、悲しくて、辛い思いを

心の奥底に抱えながらも

少しづつ時を経て、穏やかな表情や、また笑顔を見せてもらった時

そこから溢れるなんともいえないオーラみたいなものを強く感じるのです




今日は、とても穏やかなお天気で空がきれいでした

出勤前にいつものようにお墓参りに出かけました

5年、10年、15年・・・ いつかわからないけれど

こちらの世界にいる、その間

「生きる」ということは、大変だなぁ~と思いつつも

今ね、こんなことしてるよ

今ね、これもしてるんだよ

と、たくさん息子に語りながら、大切に時を過ごし、

出会った人たちのように、いい笑顔でいたいと、そう思いました



こうして、今も書きながら、あの人、この人・・・と

ひとりひとりの顔が浮かびます

いろいろな人との出会いから、気づくこと、気づかされることが多いです

ほんとうにそうした出会いに何度もありがとうの思いです















朝ドラから

 ******

朝の空を見上げて

今日という一日が

笑顔でいられるように

そっとお願いした


時には雨も降って

涙も溢れるけど

思い通りにならない日は

明日頑張ろう

 ******


朝ドラ「あさが来た」の歌詞です


朝、台所でお茶碗を洗っていて片づけをしていたら

この曲が流れてきました


昨夜、友人の「いい歌だよねぇ」という言葉が浮かんできて

テレビの前に移動して改めて耳を澄ませて聴いてみました


そしたら、ふんわりと優しい歌詞がほんとうに心地よく響いてきます

…と同時に、

私の頭の中に見えてきた大きなテレビ画面に

その友人のにっこりと笑った顔が大きく映し出されてきました


曲の雰囲気とその人から感じる雰囲気が重なった瞬間でした



私はといえば、この朝ドラ、必ず出勤前に見るのですが

主人公のあさが、門の前で、「負けへんで~!」と叫ぶその言葉に

毎回、なぜかしら心が重なります


子供の頃の私は、かなりのおてんばでした

親に叱られて、「出ていきなさい!」と云われれば夜でも外へ出ていってしまう

「もう外で寝なさい!」と言われれば、外に置いてある縁台で大の字で寝てしまう


ほんと育てにくい子供だったらしく

大人になった私に母親は、よく冗談めかしに笑って愚痴ってました(汗)


今でもその名残のある私ゆえにその言葉に惹かれたのかしらと

朝、仕事に向かう車の中で考えていました


私は、誰にむけて、「負けへんで~」と思っているんだろう

私は、何にむかって、「負けへんで~」と思っているんだろうと

自分の心に問いかけてみました



そして、

そうか そうなんだと気が付きました



「負けへんで~」の思いは、

外に向けてではなく

内に向けて 

そう、私自身に、もう一人の私に



自分では抱えきれないほどの「思い」に

押しつぶされそうになってきた数年間

同じ思いをした人達と出会い一緒にいられたことで

やっと、この頃、その思いも自分の一部として受け入れることができ

自分の中にちゃんと抱えきれるようになってきました


けれど、人の心はいつも動いています

時に、その思いが大きく浮かびあがってきて

涙が溢れてしまうことだってあります




そんな時は、

こんな時もあるよね…と自分に言い聞かせてきました




そんな私にもう一人の私が、

「負けへんで~」といって力をくれてる

そんな気がしました


(そんな私を息子は、母さんらしいと笑ってそうだ)




もし、まだまだ自分の思いを自分で抱えきれない人がいたら

その時は、一人で抱えなくてもいい

皆で抱えたらいい

いつか抱えられるようになるまで

ゆっくりと、ゆっくりとでいい



今朝は、友人の一言から、

私にとって力強い気づきをもらった瞬間でした




久しぶりに

公園

家から車で20分ぐらいにある自然公園です

仕事がお休みの昨日、ふらっと出かけました

この公園にくるのも久しぶりですが

もう、何年ぶり? いや、何十年ぶり?以来に (思い出せないぐらいに前)

ボートに乗ってみました

写真は暗くとれてしまいましたが、暑いぐらいの日でお天気もよかったです

ボートの上で、じっとしてると、風が、ゆらりゆらりとボートを流してくれて

気持ちのいいものでした


ここには、息子が ビーバー、カブ、ボーイスカウトと保育園の頃から

よく来ました

息子の入隊と同時ぐらいに私もリーダーを任されて

いつも子供達と一緒に活動していました


懐かしい場所のひとつです


ボートから見える景色にいろいろな思いが浮かびあがります


楽しかった思い出の裏側に、今は切ない思いも同居していますが

でも、目に映る景色はきらきらしていました




京都へ

前日の夕方から久しぶりに雨が降り出しましたが、明け方には雨もやみ

当日は、すっきりとしたとってもいい天気になりました

もう、随分前になりますが、京都へ出かけた際に座禅体験をしてきたことを

ふいに思い出して、仕事のお休みの昨日、京都へ出かけてきました

「座禅」体験の前後には、東福寺をゆったりと散策してきました

以前京都を訪れた時は、まだ、息子がなくなって日が浅い頃だったので

同じ空間に足を踏み入れると、当時の自分が見えてくるような気がしました

kyouto01.jpg



私は、人と話をしていても、つい「聞く」ということよりも

自分の思いを先に話してしまうことが多いのです

耳を傾けることの大切さを感じながらも、なかなか出来ずにいます

そんな時

時々読ませてもらっている方のブログで聞くことについてお話されていて

本の紹介がされていました

「愛と癒しのコミュニオン」 (鈴木秀子さん)という本です

図書館で借りて読んでみたら、とってもよくて、たくさん付箋を貼って

あとで書きとめ、また、返却する前に、もう一度読み返したりしました


京都へ行く前日、電車や新幹線の中でいつも持ち歩くミニタブレットで

本を読もうと…と検索していたら、ちょうど鈴木秀子さんの本が目にとまり

DLしておきました (「死にゆく者との対話」)


車で近くの駅まで行き、電車に乗り、さっそく読みはじめたら

涙が溢れてきそうになり・・・周囲にたくさんの人がいるので慌てました

気がついたら、駅について終点のアナウンスが流れていることも気がつかず

読みふけっていて、はたと周囲に人がいないことに慌てて降りました

新幹線の中でも同じで、何気にティッシュで目を押さえて・・・

でも、読むことが止められなくなりました

その本の中で紹介されていた「死にゆく者からの言葉」が、気にかかり

即検索してみると

電子書籍化はされていなかったので、さっそくネットで購入手続きを済ませました

今日には届くことになっています





とっても気持ちのいい空間に一日身をおいて、心身ともにたっぷり充電でき

また、心に響く本にも出会えて、ほんとういい一日でした

京都で一緒にお付き合いしてくれた友人にもほんとうにありがとうの一日でした

kyouto02

(建物の中から、お庭を眺めておしゃべりしたり。。。ね (^^) )














カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム