6年前の私

先週の仕事がお休みの日、親友のKちゃんとコンサートに出かけました

クラッシックは、ほとんど興味がなかった私もピアノをするようになって

少しそちらにも目がいくようになりました(汗)

コンサートが終わってからの帰り、ゆっくりお茶をして話しこんでしまいました

話は、あっちへこっちへととび、まったくとぎれることがありません(^_^;)


そんな話の中でKちゃんが、6年前の私のことを話しはじめました

息子が亡くなって… 私は、2週間で仕事に復帰しましたが、

今でもその時のことはぼんやりしていてあまり覚えていません

Kちゃんは、私の休みの日になると必ず朝に、

「どうしてる?」のメールを入れてきて、その後、私の家に来ていました

時にお弁当を買ってきたよ~!とか、

美味しいケーキ一緒に食べよ~とか言って

半日程いつも滞在して帰っていきます

家にいる間は、ただただ私の傍に座って、

じっと私の話に耳を傾け、頷くだけです



Kちゃんもその数年前に息子さんを亡くしているので

きっと、子どもを失う悲しみを痛いほど知っているからでしょう。。。



  *****

私がインターホンを鳴らすとね

玄関のドアを開けて出てくる○ちゃん(わたしのこと)の顔がね

真っ白で何の表情もなくてね、

まるで空中をふわふわと漂っているかのように歩いてくるの。。。

生きてる感じがしない

その時の様子と顔が、鮮明に焼き付いて今でも忘れることができないの

だから、今、こうしていられること

ほんとによかったぁ・・・と思う。。。

  *****




そんなふうにしみじみと語るKちゃんにほんとうに有難くて有難くて。。。


私は、Kちゃんの息子さんが亡くなった時、

どうしていいかわからなくて・・・何もしてあげられなかったのにね

今でもそれは、悔やまれることです

でも、同じ立場にならないとわからない思い、気づかない思いもあります。。。


Kちゃんの話からここ数日、あらためて

自分自身の周りにいてくれる人の深い思いを感じていました

ほんと、ありがとうの思いばかりです





スポンサーサイト

月命日

3月になって少し暖かくなってきたなぁ…と喜んでいた矢先

おとといの雪にはびっくりです

仕事帰り、あまりの雪の降り方に車のフロントガラスのワイパーが間に合わない。。。

その翌日、なんと3月にして外は雪景色です

仕事がお休みで助かりました



今日は、風は冷たいですけれど、お天気です

娘とその子供たちと一緒にお墓参りに出かけました

小さな手を合わせて参る姿、見てるかな

子供好きな息子のニコニコした顔が浮かんできます

それどころか、変顔までして笑わせようとしてるかもね…と

思いが膨らみます



午後からは、また断捨離です

まだまだ、すっきりと片付くまでには時間がかかりそうです

断捨離が終わる頃、私の心も今よりは風通しよくなってるかなぁ。。。


最近読んだ本

ここ数年、以前ほどテレビは見なくなったけれど

唯一欠かさず見てるのが、ふたつ

朝のNHK連続テレビ小説、出勤前の慌ただしい時間ではあるけれど。。。

あともうひとつは、「流星ワゴン」

この日曜の時間、以前放送していた

「半沢直樹」をたまたま見てはまってしまった時間帯の番組

それからというもの池井戸潤さんの書かれた本を次から次へと読みあさり

 ルーズヴェルト・ゲーム

 空飛ぶタイヤ
 
 鉄の骨

 ロスジェネの逆襲

 七つの会議
 
 シャイロックの子供たち

 銀翼のイカロス

 かばん屋の相続 などなど

池井戸潤さんの本は、読みだすとぐいぐいと引き込まれて

夜も眠れなくなって読んでしまう(汗)

ところがこの「流星ワゴン」を書かれた重松清さんの本は

静か静かに心に染みいるものがあって

昨日、読み終えた「ステップ」という本では

何度もはらはらと涙がこぼれた。。。

大切な人を失った悲しみ、苦しみ、寂しさをとてもやさしく書かれていて。。。



私は、息子を亡くして

どんなに時が流れても

息子を亡くした悲しみも苦しさも寂しさも消えないことを悟った

ただ、時はその思いを抱えて生きる術を教えてくれた



ステップの本の中のこんな一文に思いが重なった。。。

   *****

悲しみや寂しさを早く消し去りたいと思っていたのは、

いつ頃までだったろう

いまは、違う。

悲しみや寂しさは、消し去ったり乗り越えたりするものではなく、

付き合っていくものなのだと―誰かが、というのではなく、

僕達が生きてきた日々が、教えてくれた。

悲しみを胸に抱いたまま生きていくのは、決して悲しいことではない。

その人がいないという寂しさを感じる瞬間は、

その人のいない寂しさすら忘れてしまった瞬間よりも、

ほんとうは幸せなのかもしれない。

   *****




カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム