あの時

毎日毎日、雨ばかりで梅雨のようなお天気。。。

ここ数日は、急に暑さが遠のき、夜は長袖を着て寝るようになりました


今朝、通勤途中

いつも通り変わらずの運転中

なぜだか・・・ 急に

ふいに息子が亡くなった日のことが思い出された

あの日のことが、紙芝居をめくるように

ひと場面、ひと場面と。。。



あの時、部屋をあけていたら

あの時、買い物に出かけていなければ

あの時… と

あの時が次から次へと頭の中で繰り返される。。。



職場に着く頃には、その思いもまた心の奥底へと沈んでいったようで

そのままいつもと変わらず仕事に入りました



何度も繰り返す、「たら」と「れば」の思い

その度に、自分で自分にしかたないねぇ…と言い聞かせて。。。

どうにもならないことだとわかっていても繰り返される思い



仕方がない。。。

心は、毎日毎日、その時その時を生きてるんだもんね




季節の変わりめ… 心もちょっと物悲しくなったのかも。。。

スポンサーサイト

月命日

今日は、いいお天気でした

でも、もう上着を1枚着ないと少し肌寒いかな…という感じ

もう、夏は終わりなんだなぁ・・・と思うと

それはそれでなんか物悲しい気持ちになってしまう

出勤前にこうしてお墓参りに来るたびに、

まだ少し頭のどこかに「ほんとにいないんだよね・・・」と思う自分がいて

すると必ず、「今頃、何を言ってんの!」と

またもう一人の自分の声が聞こえる。。。(汗)

勝手に、ほんとに勝手に私の頭の中で会話が始まってしまう

そんな様子をまた・・・

もう一人の私が「やれやれ・・・」と呆れてみている

ふと、我にかえれば、

いったい私は、何人いるんだ! (^_^;)



毎度、そんな様子さえも笑って(苦笑いか?)

  「母さん、なに一人で遊んでんの?」って言いながら

     空の上から見ていることでしょう

今日は、すっきりときれいな、もう秋の空でした。。。

自然の中を散策

今朝 起きたら、外はいいお天気で適度な風がとっても心地よくて、

出かけるモード全開になりました

場所は、小学生の時に遠足でよく行ったところです

当時は、てくてく歩きです(よく歩いて行ったものです)

今日は、車で、時間にしたら15分ぐらい

山に囲まれた場所で気持ちいいです

明治の建物が、たくさんある大きな大きな博物館?公園?

中では、SL機関車も走っていますし、中を案内するバスも、電車も走っています

meiji05

↑ 周囲の風景

meiji01

各建物の中には、お店が入っていて、ガラス工芸品やら和の民芸品やら、

また、昔懐かしの食べ物まで。。。

meiji03

私は、朝一番で出かけたので人もまばら・・・

でも、昼前頃には、バスでの団体さんがいっぱい入ってみえてお店もにぎわっていました

meiji04


meiji02

この教会で結婚式も挙げられます。。。

meji06


meiji08


meiji07

ここからは、見えませんが前に大きな池があります

帝国ホテル(旧所在地 東京都千代田区内幸町)の建物で中でお茶をしました

中もなんだか当時の雰囲気を感じます

敷地内は、1丁目から5丁目まであってたくさんの建物があります

当時の私とは違って、今のこの年になった私には、違う意味で新鮮そのもの

また足を運びたい気分です

とても爽やかな1日でした






秋分の日の一日

日祝日に関係なくお仕事の私ですが、数日前、

ネット繋がりで知りえた方に

あるイベントに一緒にいきませんかとお誘いを頂きました

仕事は、何とか調整できそうだったので

お休みOKとなりラッキーでした



午後からの約束なので

午前中は、お寺にむかいお墓参りに

お彼岸ということもあり、お寺の駐車場はいっぱい

久しぶりにお寺で同級生にも再会するほど。。。(^_^;)

いつもは出勤前に慌ただしくのお墓参りですが、今日は時間に余裕があるので

実家のお墓、親戚のお墓へと、あっちへこっちへとお参りしてきました

ひとりひとり顔を思い浮かべながらお話をしてきました。。。



家に帰ってすぐ今度は、お誘いを頂いた方との待ち合わせ場所へとむかいました

同じ県内の方で、目的地への途中の駅で待ち合わせです

目的地は、大きな大きな公園で降り立った駅は、イベント側の逆側の超端っこ(汗)

急いて歩いても歩いてもなかなか目的の場所に辿りつかず、汗だく。。。

着いた時には、もう、始まっていました

しかし、

日中の一番暑い中、日差しはきついは、周囲は家族連れで賑わっていて

(祭日ですもんねぇ、子どもたちは大喜びで遊んでますしね)

主催者の声は聞こえづらくて・・・ 少し参加して、

私達は、テントの下で休憩しながらの参加(?)

その後は、その場を離れて、公園の山の中を散策。。。

大きな木々が、暑い日差しを遮ってくれるので涼しくて心地いいです

まあ、これはこれでよかった・・・と、(^_^;)

いろいろとお喋りをしながら、山道を歩きました

気が着いたら、2時間も歩いていました

その後、ゆっくりとお茶をして体を休めて、夕方別れました


強い日差しにあたったせいか・・・ 歩き疲れか・・・

家に帰ってから、強い眠気が襲ってきて、

ほんとうに体力がなくなったのを実感です(汗)





大切な子どもをなくすということは、

その後の生きていくという人生観をそれぞれに大きく変えてしまいます

何度自分に問うただろうか。。。

今、自分が生きている意味は・・・ これから生きていく意味は・・・ と

苦しくてせつなくて大声で叫びたい衝動にかられたり

もう死んでしまったのに、どうにかして生きて帰ってくるのではないかと

真剣に考えていたりして・・・  ほんとうに頭の中は、ぐちゃぐちゃでした



でも、「時」は少しづつ、決して消すことの出来ないその思いの抱え方を

教えてくれます

それぞれのその思いの抱え方を。。。



今 生かされている命を、

そのまま、ありのまま、生きていこうと思うという話をお互いにしながら別れました

また、自然の中を散策しようねと約束して。。。



(ちなみに今回のイベントは、「笑いヨガ」でした

 笑い、笑顔は大切だね… というところからの参加のお誘いでした

 確かに笑顔は大切  私もそう思います

 しかし、彼女はいつもとっても優しい笑顔の持ち主ですけれどね) (*^_^*)




淡々と・・・、そしてこんな夜も

すっかり涼しくなって、外に出ても「蚊」も見なくなり

庭仕事ができるようになりました

休みの日に、鉢の整理をしたり、草をひいたり。。。

また、この季節に毎年頂くたくさんの栗できまって作る栗の渋皮煮

鬼皮をとるのに2時間、渋皮をきれいにするのに2時間、

それからも作業は続いて続いて・・・ 夜には、きれいにビン詰出来上がり。。。

休みの日に、そんな淡々と・・・過ぎていく一日



数日前、棚から引っ張り出してきたダパンプのCDを

車で聞きながら通勤していたら

昨夜、急にオリラジの歌う「if」が聞きたくなった

ユーチューブで、繰り返し、繰り返し、何度も、何度も、聞いた

深夜、「時」が、淡々と流れていき、眠れなくなってしまった

ものまねをして歌う、オリラジのあっちゃんの仕草や声に息子を重ねて

胸が痛くなる

久しぶりに、ほんとうに久しぶりに、涙が滲んできて、画面が見えない

懲りない私は、ティッシュで涙を拭きながら、見続けた



何も考えず、淡々とすぎる一日や

そして、深い思いにふけって眠れなくなる夜もあっていいよね



カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム