やっとお粥食が終わった

 先週の日曜の夜、体調を崩して…

絶食とお粥の生活。。。

この食生活での仕事は、厳しかったぁ。。。

やっと、6日目の今日は、おそるおそるだけど、お昼にかる~いお弁当を持参

大好きなコーヒーも、10倍ぐらい薄めて… 飲んでみました

これじゃあ、コーヒーじゃなくて、かろうじて色がついてるだけなんだけど

ほんのり香りだけで、なんだか嬉しい気持ちに。。。

それを見て、職場の人は、お湯?って顔で見ていましたが…(汗)




最近は、全然だけど、子どもが小学生の頃は、よく寝込んでいました

ベッドで洗面器を抱えて寝ている私に(吐き気がひどくて)

学校から帰ってきた息子は、

 「あ… 起こしちゃった?」

 「ポカリ、買ってこようか?」

 「洗面器、洗ってくるね」

と、よくこまごまと動いてくれたことを

ここ数日、何度も思い出されました。。。



まだまだ幼かった息子から

私は、そんな優しい思いをいっぱいもらっていたんだよね。。。




スポンサーサイト

この冬、はじめての雪が積もりました。。。

今朝は、いつもより早く起き、車出勤はやめて、バスや電車を乗りついで

仕事に出かけました

雪は、日常の生活を狂わせてしまうので、大人にとっては困りものですが

でも、白い雪が降ってくるのを見たり、

一面に積もった雪を見たりすると、

なんだか、わくわくする気持ちもおきてきます

(寒いのは、大の苦手だけど、雪は、嫌いじゃない。。。)



自分の子どもの時のことを思い出してもそうですが…

同じ様に、自分の子どもたちが、雪が降ると嬉しくて外に飛び出していく姿が

蘇えります


  雪の上に足跡をつけたり

  雪合戦をしたり

  大きな雪だるまを作ったり



  顔を真っ赤にして遊んで走り回っている様子を思い浮かべていると

  子ども達のはしゃぐ声まで聞こえてきます




もう、夕方からは、雨に変わり、雪がゆっくりとけていきました

明日は、お天気になりそうです




月命日

いつもは、朝、出勤前にばたばたとお墓参りに出かけますが、

今日は、お休みなので、家事を済ませてから

ゆっくりと出かけました

風もなく、温かい一日で家事日和

洗濯機3回もまわし、掃除もいつもより念入りに…としていたら

お昼になってしまいました


お花を買って、向かっていると、お天気が良いせいか

先に見える山々が今日は、はっきりと見える

なんだか自然の中を散策したくなってしまう。。。


帰りに買い物をして、少し早いけど、バレンタインのチョコも買い

お供えしました



日があたる窓際のソファにどっかりと座って、

今日はずっと本を読んで過ごしました

温かくて暖房いらずでした



夕方には、近所の私の友人が、お花とチョコをお供えにと持ってきてくれて

仏壇の周りは、お花のいい香りがします


こんなふうにのんびりと、ゆったりと過ごす一日もいいものです


息子の背中

昨夜、ブログを更新して、本を読んだりしてから遅くに

眠りにつきました

久々に、金縛りになりました

私のすぐ隣に息子の背中がみえます

ちょっとだけ寂しそうにみえて

私は、何度も何度も背中をさすりました

どうしたの?という言葉を何度もかけながら。。。

私の手に感じる息子の背中

そうそう… この感触は、確かに息子だなぁ… と。。。

今朝は、まだ、手の中に息子に触れた感触が残っています

私は、それで十分に癒されるのだけど

ちょっぴり気になる息子の様子でした


こちらにいても、むこうにいても、親子なんだもん

子への思いは、変わらないものね

「心の力」 本

2月に入ったばかりの頃、姜尚中さんの「心の力」という本を

教えて頂きました

その時は、まだ読もうとしていた本が、数冊手元にあったので

その本を読んだら… すぐに読んでみたいと思っていました

その数日後、別の方に「今、こんな本を読んでるのよ!」って教えてもらったのが

まったくの偶然で、同じ「心の力」、その本でした

なんと数日後、さっそくその本を送って頂きました



ネットで知りえた方々に同じ時期に偶然、同じくして教えて頂くなんて

またまた、深いご縁を感じます。。。(ありがとうございます)






本が届いた日は、ちょうど私の仕事がお休みの日だったので、

いっきに読んでしまいました

それから、また数日後、ゆっくりともう一度読み返してみました


先に読んだ 小林正観さんや五木寛之さん(「無力(むりき)」)などと

何か繋がるものを感じて、今までうすぼんやりしていた私の中の思いの

土台になるものが積み上げられていく気がしました


「心の力」の初めに、姜尚中さん自身も愛する息子さんを亡くされて

自分の心が空っぽになる、心の無重力状態に陥りました… とありました

だからでしょうか… そこからいっきに本の中に引き込まれたんでしょうか


 *****

語り継いでいくことで… 人生は終わりにならない 永遠になる

もっといえば、消えたはずの命にふたたび命のともしびがともる

 *****

(本の中のいろいろと心に残った中の一文です)

この本を教えて頂いて、ほんとうによかったです







今日のお休みの午後、急遽、お隣の県まで出かけることになりました

道中の風景は、山ばかり、何度もトンネルを通り抜けて、車を走らせました

お天気がよくて、自然の中を走るのは気持ちのよいものです

急になんだか、息子が大好きだった曲が聴きたくなって

CDを入れ替えました

目に入る山々の風景と… 大好きな曲と…

行って帰っての往復、80キロぐらいの道のりがあっという間でした

目まぐるしかったけれど、癒された感が残りました



不覚にも・・・

この季節、こまめに手洗いをしたり、マスクをしたり、

いろいろと気をつけていたつもりなのに…

どこかで油断してたのかな

インフルエンザにかかってしまいました

お陰で5日間の出勤停止

職場に大変迷惑をかけてしまうし


でも、

もう、とにかく、今は、部屋からも出ず

自分を隔離の状態

あぁ、なんだか自分が情けない。。。
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム