気づき

年末からのんびりと… ぼんやりと… 過ごして

もう、2日もしたらお休みも終わりになってしまう


ため込んでいた本を読んだり、

(以前の「こころ」に引き続き「坊ちゃん」とコメント欄で教えて頂いた

 井坂幸太郎の「チルドレン」と「オーデュボンの祈り」を読み終え…)

いつか見ようと思って録画しておいた映画をみたり、

(今も「おもひでぽろぽろ」を見ていて… なんか無性に泣き…)

全然練習もしてなかったピアノにむかったり、

と、いろいろと自分の好きなことをして「時」を過ごしていました



それは、それとしてよいのですが、こうして過ごしていると

まったく家から出るのが億劫になってしまって

買い物すら出るのがしんどくなっているのに気がつきました


なんでだろう。。。

体の調子が、悪いのかな。。。

あまり食欲もないし。。。 食べたいものもない。。。


でも、さすがに昨日は、お節もなくなり、

買い物に出ないと何もないので

自分の食欲のなさもあって、さっぱりとカニ鍋にすることに。。。

夕方、夕食の準備をしていたら

主人が、「あ~、いいねぇ、カニ鍋!」と、

でも、その後に

「カニ鍋のカニって、○○くん(息子のこと)が好きだったなぁ…」と

しみじみと漏らした言葉に、私は、カニが食べられなくなった



そういえば…

知らず知らずのうちに息子の好きなものは、作らなくなっていた

それと、息子の好きなものが、少しづつ食べられなくなっていた

そして、

いつの頃から、息子の好物のお供えもあまりしなくなった

頭でじゅうじゅうわかっているんだけど、減っていかないお供えを見るのを

避けてる自分がいるように思う


私は、

息子の残した言葉どおり、変わらぬ私でいようと思いつつも

その言葉どおりにはまだまだほど遠いところにいるようだ



仕事が忙しい時には、気がつかなかったけれど

波長が合おうが合わまいが、いろんな人たちの中に自分を置いて

心から笑っていようといまいと、ほんとでもみせかけでも、

笑って喋っていることの大切さに気がついた

そうしていることで、自分の心のバランスがきちんととれていたんだ

自分ひとりでは、どうにも難しいことがあるんだと。。。



この休みの間、のんびりと過ごした中で、少しづつ自分の心が

深く沈んでいくような気がしたのは、

少し心がバランスを崩しかけていたのかもしれない


ひとりでしかと立っていられるのに、もう少し時間がかかりそうだ

そんな私の中の小さな気づき

今回のこの休みにもちゃんと意味はあった。。。



スポンサーサイト

月命日

昨日は、お仕事をお休み頂き、母の7回忌の法事に出かけました

お寺とお墓が、息子と同じなので、法事がはじまる時間より

早く出かけて息子のお墓参りをしました

翌日(今日)が、息子の月命日だからね。。。



法事のなかで、いろいろなお話をお寺さんより頂き

その中で心に残ったことを…


  *********


 そのあとがある

 大切なひとを失ったあと

 もうあとはないと思ったあと

 すべてが終わったと知ったあとにも

 終わらないそのあとがある


      「そのあと」谷川俊太郎


  *********


読み上げられたお話のひとつでした


そして、お寺さんからの言葉として

過ぎた過去、人生は、とり返せないけれど

見直すことは、できます

そして、

  どう… 生きるか…



深く心に沁みました。。。








「そのこ」

昨夜、検索して見つけた動画  谷川俊太郎 「そのこ」

あまりに心に響いて、何度も何度も見てしまいました

そして…

今、こうして、「生かされている」自分のことを考えさせられました






丁寧に生活しよう

毎月、我が家では、季節の野菜、果物、お米と

ほんとうによく頂くことが多いです

数日前には、ユズ湯に入って~と柚を頂き、

何度か気持ちよくユズ湯につからせてもらいました

昨日、今日は、たくさんもらった殻付き落花生で甘味噌風にと

料理してみました

昨夜は、ひたすら殻から出す作業

今日は、煮る作業 ついでに一緒に頂いた黒豆も昨夜からとりかかりました


rakksei

今夜の食卓に

rakkasei02

これも昔?作った手作り器です ほんとうに久々に使いました

頂いたものをちゃんと感謝して。。。

食べきれない野菜は、さっと茹でて冷凍します



年末年始の休みは、なかなか体が動かずにいました

「今年は丁寧に生活をしよう」

そんなふうにブログで話してくれた、まねき猫さんの影響かな (*^^)

あぁ…そうそう、今日は片付けにも精がでました

まねき猫さん、ありがとう!

まねき猫さんのブログはこちらです (サイドにもリンクさせてもらいました)










居た堪れない思い

仕事で小学生の子とかかわることもあるのだけれど、

先週、きちんと連絡をくれる子なのに

顔を見せなかったのですごく気にかかっていました


今朝、一番で顔を見せてくれた時には、ほっとしたのですが、

その子の口から出た言葉は、「ママが死んでしまった…」でした



祖父母とお母さんの4人暮らし

お母さんは、長い間、心の病気でした

とても優しい人です



一人娘を亡くしてしまったご両親(祖父母)の思い

まだまだ小さなこの子の思い

次から次へ溢れ出てくる思いで言葉にならない



今日は、一緒にエレベーターに乗って、見送った

「じゃあね、また、来週ね!」って私が言うと

「うん、じゃあね、ばいばい!」って帰っていったその子の後ろ姿

後ろで大きく結んだ長い髪が、左右に揺れて…



なんともいえない一日だった。。。






くるま

明日、車を変えることになりました

いつもは、5年から7年周期ぐらいで変えているのに

今回は、もうなんと10年以上乗りました

それも、今は、毎日が長距離運転で、

かなりの距離数乗っているっていうのにね


年末からちょっと調子が悪くなってきて

年明けの仕事始めにいきなりエンジンがかからず

急遽、電車で仕事にむかうことになって慌てたりして

今は、部品交換して少し持ち直して頑張ってくれてる



でも、街中でエンジントラブルは、怖いし…と変えることに。。。



執着の思いなんだろうか…

この車を買う時、

「なんでもいいけどさぁ、CDとMDが聴ける車にしてね」

そんな息子の要望があって、オーディオは特別に交換してもらい

スピーカーも増やしてもらったりした

私も音楽を聴くのは大好きだし、賛成!



息子は、いつも隣の助手席に乗り込む時は、CDやらMDやらを持ち込み

ボリュームを上げ、自分も一緒に歌いまくっていた


「親父の車は、MDがないからつまらん」とそう言いながら。。。



そんな毎日を過ごしてきた車にはひどく愛着があって

なかなか変える気になれず…にいたら、もうこんなにも年月が経ってしまっていた





この車を路肩に寄せて何度大声をあげて泣いたことだろうか

何車線のある道路で信号待ちしてる時、

ボロボロ泣いてる私を見て、隣の車線の人がポカンと見ていたこともあった



朝、家を出て5分も経たないうちに流れてくる息子の大好きな曲に

涙が溢れて溢れて… もう… 前が見ない!と心で叫んだ時

偶然かもしれないけれど…

静かにすーっとCDが出てきて、音楽がとまってしまい

その驚きの思いが私の涙をとめてしまったこと

でも、それは一度や二度でなく

日が浅い頃は、そんなことが、何度もあった

涙で前が見えなくなると起きる

そんな不思議な出来事は、

ここにいるよ そばにいるよ と教えてくれてるようで

驚きとともにまた、嬉しくて泣いてしまったり



そんな、いろいろな思いがめぐる私の車



5年を過ぎた今の私は、息子の大好きな曲を聴いても

もう泣くことはなくなった。。。

時々涙目になることはあってもね



未練がましく手放せない思いがあるけれど

もう、じゅぶんにじゅうぶんに、ありがとうなんだね… きっと



娘も車を撫でて、長いことありがとね、ありがとねって言っていた


私も、ほんとに、ほんとに、ありがとね だよ







カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム