筋肉痛

日頃の運動不足とプラス年齢のせいでしょうか

先日の八十八箇所巡りで歩いた当日、翌日はなんでもなかったのに

一日おいた翌日、足のふくらはぎが筋肉痛です

そして、夜も早くから眠気が襲ってきて

何をしていても目が開けてられません

これもきっと体に疲れが残っているんでしょうね



このままいくと、ずいぶん経ってから

あれ?この痛みはいつのだったっけ?と思うようになっちゃいそうです



この過ごしやすい季節、少しづつ自然の中を歩いて

心も体もほぐさないとね。。。

まだ、今朝も筋肉痛残っています(汗)

スポンサーサイト

今月は、父の誕生日ということもあり、私の今日のお休みにあわせて

一緒に食事に出かけました

そして、妹達と出しあってパソコンをプレゼントしました

今、父は、来春にはサポート終了のXPを使用しているので

ぼちぼち新しいWin8に慣れてもらうのにちょうどいいしね

i7のcpuと4Gのメモリプラス4Gの増設で8G

きっとサクサク動いて大好きなインターネットも快適に出来るよって言うと

「わしの頭がついていくかな~」と笑って言う

昔の父とは別人のように丸くなって…

父も年をとったんだなぁ…とつくづく感じる





パソコンか。。。

子どもたちが中学、高校となると、友達や部活でほとんど休みの日も家にいなくなる

子どもたちが小さい時は、毎週といっていいほど家族でで歩いていた

ある時、ふと気がついたら、日曜、私一人でいることが多くなった

主人も何やかやと仕事以外の活動で忙しくしているし。。。


そうかぁ…

今のうちに大好きな子どもたちから子離れ? 私も自立しないと(精神的に)

そんな思いから始めた仕事

いつの間にかその仕事も私の中で根をおろしはじめていた

仕事に関係する勉強も苦ではなかったし、

実際に自作のパソコンを作ったり、いろいろな経験もでき

それはそれで楽しかった



そんな様子に、息子は時々、

「母さんは、好きな仕事が出来ていいね」って言った

私自身好きな仕事なのかどうか考えたこともなくて

息子に言われて、そうなのかな… と思ったぐらい


息子は、自分のしたい「保育士」の仕事をあきらめた

「子どもが好きなだけでは、この仕事はできないんだゎ… 」と

そんな息子に

「子どもが好きという気持ちが一番じゃないの?」と言った私


もっと深い思いに気がつきもしないで。。。


大好きな子どもにいつまでもべったりの親ではいけないと

私自身が、精神的に自立しなきゃぁ… なんて思ったことが

よかったのか、悪かったのか、

父へのパソコンの設定で黙々と作業をしてる時に

そんな、また、答えの出ない

今更ながらの思いが浮かんでくる


今更ながらの思いなんてどうにもならないのに

勝手に膨らむこの思い… 

つくづく自分の心ってほんとに厄介だなぁ… と思う

5年

今日は、寒い日でした

朝は空が青く澄みきっていてきれいでした

もう…なのか、まだ…なのか、

相変わらずここだけは、「時」の流れが自分でもよくわからない

5年が経ちました


仕事をしてる時、

人と話している時、

明るく笑って話してる私がいます

でも、その時の私は、日が浅い頃の時とは違って

無理して笑顔を作っているわけじゃありません

その笑ってる私もほんとの私です




朝、出勤前にお墓参りに出かけた時、

澄みきった青い空を眺めて

なにかしら切ない思いでいっぱいになって涙目になってしまったり

仕事を早く終えて帰る時、

灰色がかった空を眺めて

また、無性に切ない思いでいっぱいになって涙目になってしまったり


そんな切ない思いをいっぱい抱えている私もほんとの私です



今思えば…

家族みんなでお腹がよじれる程笑って過ごしたあの頃が、

まるで「奇跡の時」のよう




あの頃には、とてもとてもほど遠いけれど

この5年という月日を振り返って

息子が残した言葉どおり、「変わらぬ私達でいる」ことに

少しづつ、少しづつ… 近づいていってるかな。。。




やっぱり似てるのかな?

昨日の私の仕事がお休みの日にあわせて、

地元の息子の友人の女の子たちがお参りに来てくれました

毎年顔を見せてくれますが…

その間には、結婚して子どもが産まれて…と

昨日も小さな子や赤ちゃんづれで来てくれました

ほのぼのと温かい空気でいっぱいになりました


そこへうちの娘が1歳になる子ども(女の子)を抱えて

部屋に入ってきました


すると、みんな同時に

「○○だぁ!」

「○○だぁ!」

と、息子のあだ名を連呼



やっぱり似てるのかな… 思わず娘と顔を見合わせました


1歳までの写真の整理そしてる時、

なんだか、○○(息子)に似てるねと話をしていた矢先だったので。。。



そういえば、最近よく見る夢が…と娘が話してくれたのは、

子どもを抱いていたり、子どもと遊んでいたりして、

ふと、見ると、いつの間にか、弟の小さい時の子どもに変わっている

そんな夢を何度もみるらしい



そんな話の後に娘が、自分の子にむかって、

「もしかして、○○ちゃんは(子どもの名前)、

   ほんとは○○(弟の名前)じゃないの?」って

冗談っぽく笑っていうと

まだ物言わぬ1歳の子供がグットタイミングで

目を見開いて大きく開けた口を両手でふさいで

「あ~~~」って感じの仕草をしたのです

思わず大笑いしてしまいました

「あれ、ばれちゃった~?って感じ~」と娘。。。



まだ、日が浅い頃、

『どうやって立ち直っていいかわからない』と泣いていた娘

とても仲良しの姉と弟だったから

急にいなくなった弟… 娘の心がついていかない



でも…

そんな日々の様子の娘も

息子が残した言葉どおり、「変わらぬ私達でいる」ことに

少しづつ、少しづつ… 近づいていってるんだなぁ… と



必ず皆のことを見守っているよという息子の思い

ちゃんと伝わってる 届いているよ



八十八箇所霊場巡り-10

朝、雨が降っていたけれど、予定通りでかけました

むこうへ着く前に雨もやみ、歩くのにはとても恵まれたお天気になりました

今日の予定は、最終の駅からかなり遠いのでバスも利用しました

とっても優しいバスの運転手さんでバスの中がほのぼの。。。

ずっと海沿いを走っていきます

帰りもまたバスに乗るものの、途中にお寺があるので下車していよいよ歩きです

でも、お寺へ向かう前に海へ出かけました

すごくきれいな砂浜で海がきらきらしていて

足跡をつけながら歩くのが楽しくて…

すごい小さい子どもになった気分です

reijyou112101

今日は、お寺が離れた場所ばかりなので6ヶ所 

歩いた距離は、8キロぐらいです

reijyou112102

山の中を歩いていくと、もう… 何もなくて不安。。。

体力のあるKちゃんは、先を歩いていて、もう姿が見えません(汗)

reijyou112103

ずっと歩いて行った先に、やっとお寺の屋根らしきを発見して

ほっとする もうちょいだぁ。。。

でも… 今度は

やっと着いてお参りしたら、今黙々と歩いた道を

歩いてきた分だけ、また戻らなくてはいけません

まあ、下りだから少しは楽ですけど。。。


日が落ちるのが早いので急がないと…

最後のお寺にむかう時には、もう足が痛くなってきて

それなのに最後のお寺は、

reijyou112105

長い長い長い… 階段の上

目の前にくれば

reijyou112104

ずぅっと階段。。。(汗)







いろいろなことがあって

いろいろな思いをたくさん抱えて

でも

いろいろな人達に出会えて

支えてもらって

今の私があるということ




そうして今

こうしていられることにありがとうの思い

ありがとう

ありがとう

ありがとう

何度もその言葉を繰り返しながらまわりました



出会った人達の顔を思い浮かべながら。。。


「こころ」 本

夏目漱石 「こころ」 

学生時代にきっと読まれている方は多いかもしれません

私は学生時代 ただひたすら部活に明け暮れていて

部活がない日でも学校に行って練習をしていたし

(かなりの運動音痴だったので… 選手になりたくて)

高校になれば、朝練もあり、夏休みも冬休みも春休みも

なんだかずっと部活ばかりで

落ち着いて本を読むことなんてまったくなくって。。。

今頃、この年になって本を読みあさっています


昨日読み終えた「こころ」という本

途中からどんどん引き込まれてしまい

いっきに読んでしまいました

今までにない、かなり重いど~んとした感情が私の中に残っていて

感想は… といえば、自分の中にある今の感情を

どうにも言葉に表せない


でも、何か… 今の私だから感じるものが深いのかもしれない

そんな気がします

この本を読んだ人がいたならば、

なんだか話がしてみたくなってしまいます



…ってこれだけの記事ってどうかなって感じですけど、

ひどく心に残った本でした

コンサート

仕事を少し早上がりして、友人から誘われていたコンサートに出かけました

それはそれは懐かしい「五輪真弓」さんのコンサートでした

20代の頃は、ほんとうによく聴きましたが、最近は全然で。。。

最近の曲は、別として知ってる歌が流れると、

ほんとうに懐かしくて…

『タバコの煙』『冬ざれた街』『少女』… 大好きでした

コンサートが終わって帰る時、友人はCDを買っていました

そんなに好きだったの?って聞くと

20代の私が、友人に五輪真弓のテープをあげたらしくて

それをまだボロボロだけど聴いてるのって言われた時にはびっくりでした

あれから、五輪真弓は大好きだよって。。。

…で、誘ってくれたんだということがわかりました






何十年前の私が、あげたテープがまだあるんだ。。。(超驚きです)

とってもいいよ!って勧めた私が、ずっと聴いてなくて

勧められた友人がボロボロになるまで聴いていて

人の繋がりってこんなふうになんか妙な絡みあいを重ねながら

成り立っているのかな… と不思議な思いで帰ってきました



歌もステキでしたが、

ドラムにはまってる甥っ子のことが浮かび…

ギター抱えて路上ライブしてた別の甥っ子のことが浮かび…

また、たどたどながらピアノを習ってる私としては

五輪真弓さんの後ろで演奏してる人達がもうステキすぎて釘付け

そんなところにもたくさん感動してしまいました

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム