同じ思い

昨日は、仕事が終わってから、職場の近くの大きな公園に出かけました

桜が満開でした

友人たちと毎年恒例の集まりです


息子がいなくなってから少し私の変わったことは

お酒が飲めなくなったことと、

食事があぁ、美味しい!って思わなくなったことで

なかなか参加するのを少し躊躇いましたが

いつも気にかけてくれる友人らなので出かけることにしました。。。



友人の中の一人とは、いつも必ず、言葉より先にスキンシップ?ハグしちゃいます

彼女の娘さんも、うちの息子と同じだからです

月命日の日も息子と同じ日で忘れることはありません

彼女は、日が浅い頃から、痛々しいほどまでに、明るくいつもと変わらず

はしゃいで場を盛りたててくれます

事情を知ってるのは、私だけです

すごく無理をしてるんじゃないの?と私が言うと

「明るいママが大好きだ!」と生前娘さんがいつも言っていたので

その生き方を通すと、私の前で涙をぽろぽろ流して話してくれたことを

忘れることができません

もう、そんな話をしてから2年以上…


昨日の帰りがけ、皆から離れてそっと彼女が話してくれました

「旅先で偶然が重なって行く予定ではないある有名なお寺にいくことに

 なってしまってお参りしたらね

 娘の声が聞こえてきてね

 ママ、おめでとう! ありがとう!って~

 私、その日、誕生日だったの!びっくりした~」って


彼女は、私のブログを知らないから、読んだら驚くだろうなぁ…

あまりに重なる出来事に… ね 

私は、驚きはしなかったけれど、嬉しそうな彼女の顔を見て

すごく嬉しかったし、心が温かくなった


その思いのまま、

帰り電車に乗り、そしてバスに乗り、家にむかう途中、タブレットに

入っていたメールに気がついて開けてみたら…

ネットの中で知りえた一人の方で

それは、また私と重なる出来事が書いてありました


同じ思いをたくさん重ねてもらって、

帰りのバスの中で私は心がとっても軽くなる思いでした


もっと、もっと、たくさんの人に、そんな思いが重なったなら

みんなみんな、温かい気持ちになって、

前に進む力をいっぱい持てるのにな…と

そう私は思います。。。私の勝手な思いですけれど。。。



 
スポンサーサイト

コンサート

先日、花見をした際にその中のひとりの友人に

クラシックコンサートのチケットを2枚もらいました

クラシックかぁ… 

嫌いではないけれど寝ちゃいそう…と不安がいっぱい(汗)

「無駄にするなよ!」の友人の言葉が心に残り

親友のKちゃんを誘って夕方出かけました



はじめて出かけたそのコンサートホールは、とっても素敵で圧倒され

席のチケット高いだけあって、とってもいい席でした


とても眠くなる雰囲気ではなく、

演奏の世界にどっぷりつかってしまいました


全身を激しく動かしてる指揮者、そして奏者から

力強い『生』、

生きているという力が伝わってくるようだった



その中のバイオリンの奏者を見て…

ふと、以前、Kちゃんが見せてくれた写真を思いだした

バイオリンを弾く、きりっとした顔の息子さんを



その彼もこの3月でもう10年… 

生きていたらもうじき30歳になっていただろうにね



コンサート前に家によってお参りさせてもらった

10年…

10年経ったけれど、何も変わらず、

彼は私の心の中にいた

コンサートの間中、あの写真の中の顔が浮かんできた

(そういえば… 何かの本で読んだ

 人は2度死ぬ

   1度目は、肉体が滅んだ時 

   2度目は、残された人達の心から消えた時

 はっきりじゃないけど…そんな言葉を思いだした。。。

         じゃ… 彼は、しっかり生きてるね。。。)




無駄にするなって言ってチケットをくれた友人にほんとうに感謝

いいコンサートでした ありがとう!


4年と5回目

4月なのにすごく寒いです

4年と5回目の月命日

少し早めに来て頂いたお寺さんからお経を頂き、いつものように

お墓参りに行き、その足で仕事にむかいました

お墓参りの時は、お天気もよく風もなかったので

ロウソクに火をつける時の悪戦苦闘もなく

お線香をたくさん手にして、私の実家のお墓にもお参りしました


途中、友人からメールが入りました

広末涼子さん主演の『桜ふたたびの加奈子』っていう映画を見たと

その間じゅう、ずっと私のことを思っていたよとありました

彼女も私と同じよう子供さんを亡くしているので思いはお互いに重なります

私に比べたら、まだ日が浅い彼女ですが、やっとこんな映画も見られるように

なった。。。とありました


私も、さっそく見てこようと思います

映画の内容に重なる思いを感じます

映画

昨日、友人から教えてもらった映画『桜、ふたたびの加奈子』

さっそく観てきました

今日、仕事を終えてからと予定していたけれど… 

夕方仕事が抜けられそうになくなり、ちょっと大胆ですが

午前中に時間を頂きました




子供を亡くす その喪失感…

映画の最初の方から、母親役の重く辛い気持ちが流れてくる

会いたい… 会いたい… 会いたい… の思い

見ていて涙が…というより、その思いに息苦しくなりました



私より日が浅い友人が、やっとこんな映画を観ても

大丈夫になれたよ… とはいってたけど

でも、ほんとに

無理してないかな…とちょっと心配な気持ちが起きるぐらいに



最後は、涙がとまらなくなってしまったけれど…

友人が言ってたように

「ちゃんとそばにいてくれるんだよね…」の言葉どおり

見終えて… 心は、優しい気持ちになれた


観てきてよかったよってメール送ったら…

「子供を抱きしめたくなったよ」って戻ってきた



でも、その言葉は、とっても穏やかに感じられた



みんな、また、いつか

ずっといつか…

どこかで、生まれ変わってきたら

その時…

いっぱい幸せになってほしい。。。 


波長の合う人

仕事関係の方ですが、すごく波長があう人がいます

仕事でいうなれば… お客さんにあたる方なのに


何かとよくして下さって

「女は手が命、はい、ハンドクリーム!」

「ビタミンC、とらないと、はい、ドリンク!」

「休憩の時に、このヨーグルト食べて!」

などなど… 数えきれない




昨日の朝、まだ誰も来ていない時間、珍しくその方が一番乗りでした

あ~早かったかな…って言いながらいらして、二人で雑談。。。

すると急に、

「私ね、数○年前、夫をね自殺で亡くしたの」と話されて私が驚く間もなく

どんどん話は進み、いろいろな当時の話をして下さいました

どうして急にそんな話を私にして下さったのかは、わからないけれど

でも、なぜかしら波長があうと感じていた理由も呑み込めたような気がした


どんなにか大変だったであろうその人生をこんなふうに語れること


そして、

私が、この人から何かしら感じていたものは

この人の笑顔からくる癒しの力だったのかもしれない

心から素敵な人… とそう思えた


こんな人と出会えたことが、嬉しい。。。

八十八箇所霊場巡り-6

先月から始める予定のお参りは、先月少し体調を崩していて延期し

やっと今日行けました


久々なので、コースは、少し距離を少ないところにして、

6ヶ所回りました

駅を降りてすぐに

041801

大きな道を避けて、ひたすら歩く

041806

途中、広がるレンゲ畑にキジがいてびっくり!

041810

途中、5~6人で歩いてる方達が、手振って、こっちから行くといいわよ~と
叫んで教えて下さる。。。 とっても親切。。。

041809

古い城跡発見して脇道に入ってみると…
少しよどんだこの水の中にたくさん魚が泳いでるし
水に浮かんだ木の上に亀がいっぱいいてびっくり
私達の足音でドボン、ドボン、ドボンと水の中に入って
すいすい泳いで遠くに離れていく

041814

そして、最後のお寺に到着

041816

お天気もよく風も少しあり心地いい一日でした

今日もそれぞれのお寺で

十三佛真言と般若心経をあげました

そして、あとはひたすら…

皆 穏やかに

 皆 穏やかに

  皆 穏やかに

    皆 穏やかに

      皆 穏やかに

          ………


夕方には家に戻れましたが… 今日はダウンして早々に寝てしまいそうです

胸の奥深くで

朝の出勤途中にふいに息子の笑った顔が浮かんだ

胸の奥深くがきゅんとなって、なんともいえない感じ

仕事の合間にも…

何度も何度も…

その度に胸の奥深くがきゅんとなる


仕事を終えて、家にむかっての運転中も

息子の笑った顔が浮かぶ

いつものように笑って、ふざけて、

その度に胸の奥がきゅんとなる


なんだろう… 今日は。。。



でも、急いで家に帰っても、いないんだよねって思って

また胸の奥がきゅんとなる




まあ… そんな日もあるかぁ… あるよね。。。

自分にもう一人の自分がそういって、変に納得。。。



まだまだ、どこかであきらめきれない自分がいるんだよね、きっと

電子書籍

先日、何気に見ていたテレビで、もと?放送作家だった「百田尚樹」さんが

出演されていて書かれた本の紹介をされていました

とっても奥が深くて泣けました…と読まれた方がテレビの中で言っていた

「永遠の0」という本



最近、物が増えるのは避けたいので本も電子書籍でと1年半前ぐらいに

タブレットを購入 片手で持てて手頃な大きさ

スマホより大きいので私の目にも優しいし

タブレット


今やその小さなタブレットの中に50冊以上。。。

いつも購入するところは、決まっているのだけれど

検索したらすぐひっかかってきて…

いつもだったら立ち読み機能を利用して一部読んでからするのに

もう今回は購入すると決めていたので

購入手続きに進んでいくと…

あれ…?1~5まで5冊もある。。。

読みがいあるのね…とダウンロード


今日、昼間出かけていて夕方ベッドにゴロンと横になりながら

本の1ページ目を開いて目が点に…

私、単行本じゃなくてコミックを買ってしまいました(ショック)

まあ、そのネットショップが単行本を扱っていなかったことに

気がつかず…でした


コミックなんてどれだけぶりなんだろうか…

慣れないせいか読みづらい感じ…





でも…

1冊目を読み終える頃には、どっぷりのその世界に入ってしまって

主人が出かけていなかったせいもあって

夕方から10時過ぎまでで5冊全部読み終えました。。。


涙がこぼれて… こぼれて… こぼれて…


息子を亡くしてから、時々ふと感じる?よぎる?思い

今自分が生きてる意味は… みたいな漠然とした思いのみたいなこと

このタイミングで本から教えられたような気がしました



「今、自分が生きてること」 

それがどんなにすごいことなのか

大切にしなくてはいけないことなのか

涙を拭きながら… そう教えてもらった気がした本でした
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム