八十八箇所霊場巡り-2

朝、起きたら… 天気予報通り、空は曇り空、降水確率50%

メールでどうするか相談し迷った末…

駅に一番近い霊場ひとつだけでも行こう!ということになり

リュックに雨具を入れ出発

電車を乗り換え乗り換え… 

そして、到着間際、外を眺めると…

道路には水たまりができるほどに雨が降ったあとがある

空を見上げたら、雲は薄黒く… 少し不安になる

何しろ、天気予報では、突風、雷雨に注意とあったから


でも、Kちゃんとふたり気を取り直し駅から外へ踏み出す

「さぁ、行こう!」とひとつ目のお寺に


  ・・・・・・・・・・・・・・・

ひとつ目のお寺で納め札をしてお参りをし最後に納経帳にお納経印を

押して頂きます

「雨が降ったんですね」なんてのんびりと私がお話をすると

「降ったなんてもんじゃありませんよ。

 ここ数年来、経験したことがないような雷で、それはそれは怖かったですよ

 たくさん雷が落ちたんじゃないかしら

 雨もどしゃ降りでね…

 ほんとうにさっきやんだところですよ

 よかったですね」

 と、お話して下さいました。



それから午後に向けてお天気は少しづつ回復して

お日様が見えてきました

空を眺めて… ふたりで感謝 ありがとう

結局、今日回る予定だったすべてのお寺に行くことができました

今日は、8キロぐらいでした

そのせいか、疲れもなく、むしろ体は気持ちがよくて

「今日、来てよかったね」とふたりでうなづきあって

そして、次回の約束をして夜、無事に家に到着!



納め札

前回もですが、いつも同じことを書いています

「みんなが穏やかに」


こちらにいる「みんな」

先にあちらの世界にいってしまった「みんな」

すべての人が穏やかでありますように… と。


その「みんな」の中にはもちろん「私」もいます

心の中でおきるいろいろな波を消してしまうことはできないでしょうけれど…

その波が… 少しでも穏やかになりますようにと願います






スポンサーサイト

3年と6回目

今日の月命日

お墓参りに出かけたら、あまりに風が強くて

ロウソクにもお線香にも火がつけられませんでした

お花を入れ替え、お水をあげ、周囲の草をひき、

そして、手を合わせ、たわいのない話をしてきました


今日は土曜日ということもあってお寺では法事が行われているようです

今朝はお寺さんに来ていただくのは、お休みとなりました


昨夜、夕食時、明日の月命日午後出勤だと話すと

不思議そうに主人がいうのです

「お寺さん、お休みなんでしょ」と



「お寺さんが来ようと来まいと月命日であることに変わりないでしょ

 だから、何もいつもと変わらない!」

(主人は、お墓参りもあまり出かけないし、月命日もあまり気にしてはいません)

久しぶりに少しミニバトルをしました

夫婦であっても、親子であっても、

ほんとうに些細な感覚、思いの違いがあることは仕方がありません

まして、男と女の違い、母親の感情、違ってあたり前です

(どちらがどう…ということではありません)


そんな夫婦のミニバトルをしてる瞬間

少し苦笑いした息子の顔が浮かびました

心の中で、しまった!と反省…



お墓参りを済ませ

仕事にむかう車の中から空を見たら

とても気持ちのいいすっきりとした空で

信号待ちの間、見とれてしまいました

そうしたら、なんだか急に涙が出てきてしまいました


なんで急に泣けたのかよくわかりません

まあ、歳とともにどんどん涙もろくなってるから仕方ないかな…

緑がいっぱい

昨日の仕事がお休みの日、近所の友人と車で1時間程のところに

出かけました

山の中の川の流れる脇に立ったおしゃれなお店です

お店の外のテラスでお茶を頂きました

川のサラサラ流れる音や

鳥の鳴き声や

足元には虫が… (汗)

周囲はどこを見ても新緑でとても素敵です

ぼんやりとふたりでいたら…

そこに2時間も座っていました



友人は、どうすることもできない子供の問題で悩み苦しんでいるようです

だから、こうして自然の中にいると癒されると

私と同じ思いでいました

どうすることもできないこと

答えの見つからないことを思い悩むことはほんとうに辛いです

気持ちを切り替えようとしてもうまく切り替えられません


それでも…

子供のことで悩んでいる友人を羨ましいと思ってしまいました

人間ってなんて厄介なんだろう

人の心ってなんて厄介なんだろう


そう思いながらも、

この染み入るような緑の中にいるとそんな思いは心の奥深くに沈み

心は癒されました

自然の力はすごいね


02midori.jpg





美容院で

今日、美容院に行きました

いつもの調子で「今日は、どうされますか~」と聞かれ

「短~くして下さい」

「どのぐらい?」

「このぐらい」

そのこのぐらいの私の言葉と仕草に… 若いオーナーさんの方は、驚かれた様子で

「いきなりだと抵抗があると思うので、だんだんということで今回はこのぐらいでどうですか?」

そんなふうに気遣って頂けたりしたのですが… 

結局は耳が見えてしまうほどに短く切ってしまいました



スーパーでお買い物をしていて鏡に映った私、

街を歩いていてお店のガラスに写った私は、

なんだか険しい顔をしていました

のびてきた髪が顔にかかるから余計にでしょうか




仕事でいくら笑顔を絶やさずにいても

テレビで面白い画面を見ても

友人と何かしら楽しい話をしても



心は穏やかでいても

時に心の底のおもりがきっと邪魔をしていること

それは、自分が一番わかっています



険しい顔をしてる私はなんだか嫌です

ならば顔にかかっている髪をバッサリと切ってしまえばいい

そんなふうに思ったのです(単純な発想だ… まったく)


バッサバッサとカットして頂いてる時にたまたま開いた本に


  *********

大切な人を自殺で失いました

傍にいて何も気がつかずにいました

苦しんでいることも気がつかずにいました

謝りたい ごめんねっていいたい

そんな若い女の人の相談ごとが載っていました

  *********

悩んで苦しんでいる時はすごく自分を追い詰めてしまっているから

その時の彼は、自分が死んでしまった後に

周りの人がこんなにも深く悲しみ苦しむことまで考えられなかったかもしれない

だから彼を許してあげてね

そうしたら、彼は、傍でずっと見守っていてくれますよ

そして、いつかあなたが三途の川を渡る日が来たら

彼は、迎えに来てくれるでしょう

その時、気が済むまで謝ったらいい

ずっと、気が済むまでね

(そんなふうのことが書いてありました)

  *********


その時になったら

息子は迎えに来てくれるのかな 


もし、来てくれたら、やっぱり私 たくさんのごめんねの前に

一人で先にいってしまったことを1回だけ怒るだろうな… なんて

そんなことを考えているうちに… 

どんなに顔を振っても髪が動かないヘアスタイルの私が

大きな鏡の中に写っていました

なんか、すっきりしました いろいろとね

小さい花

ちいちゃいけれど、お花が咲きました

二人の友から頂いたお花の種

冬の間、雪があたらにようにと建物に近づけ過ぎて置いてたからか

あまり大きくなりませんでした

でも、風でゆらゆらと花が動く様子はとっても可愛くてきれいです

ペルシアン・ジュエル

さて、その方が教えてくれたビデオ、「ステキな金縛り」

今日がお休みということもあって、

昨日仕事帰りレンタルビデオやさんに寄りました

新作コーナーに行くと全部貸出中… がっくりです(涙)

でも、どうしても今日見たいのに~!!なんて思って、

全部貸出中の棚を眺めていたら

数分後、たくさんの返却ビデオを両手いっぱいに抱えた若い店員のお兄さんが…

少し離れたところでじっと様子見していたら…

1本だけ戻ってきました!

そっこうそのビデオを手にして… やったぁ~!!




よく金縛りにあう私としては… 

怖いイメージでしたが、想像とは少し違ったお話でほのぼのしました

いろいろな伝え方が、あるんだな…と

そんなふうにあちらの世界の人とやりとりができたらいいのにね



やりとり…

そういえば、この間、お買いものしてる時

背中をツンツンとされて、振り返ったら…  誰もいなくて… ???

気のせいかな… と思っていたら

また、翌日、背中をツンツンとされて、やっぱり振り返ったら誰もいない

そうかと思うと、後ろ髪をさら~と触られる感、でも、やっぱり誰もいなくて…

よ~く、息子がふざけて笑って騒ぎつつ、

すれ違いざまに後ろ髪を手ではじいていったことを思い出しました

気のせいじゃなくて息子だったら嬉しいけれど…ね


知らない人にこんな話をしたら、どっぷり後ずさりされてしまいそう

だから、ここだけの話なんだけど 

くすくす笑い声が聞こえそうだね… という感想をいただけるのも

ここだからかもね

なんだか、それも嬉しいですね 

そんな話のお付き合いもしてもらって

ほんといつもいつもありがとうです 



カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム