笑った顔が好き

仕事がお休みの日は、朝インドアテニスに出かけます

テニスを終え、1階のスーパーで姪っ子とその日は待ち合わせをしていました

地下2階の駐車場へ向かうのにエレベータを使わず階段で行こうかと

二人でむかったその先に…

階段を上ってくるひとりの女の子(人)

私と目があった瞬間

彼女は、私の名前を呼びながら抱きついてきました


「4年も経ったのに… お母さんが亡くなって4年も経ったのに… 」と繰り返し

「首をくくって死にたい 首をくくって死にたい… お母さんに会いたい」と泣いた


ちょうど昼どき、買い物客で人も多い中 

彼女はぽろぽろと泣いてただそれだけを繰り返して泣いていました

背後では驚いてポカンとしてる姪っ子


そういえば

去年も偶然ここで会った

その時も泣いていた

そのずっと前には

スーパーの中をふわふわと歩いてる彼女を見つけ

声をかけて初めて知った大好きなお母さんの死




彼女は、もう十数年前、陶芸教室で一緒だった子です

当時の彼女は、

明るくって 冗談いっぱいいって 楽しい子でした


4年という月日が経っても決して消すことができない思いの中で

もがいてるようでした


ぎゅっと抱きつく彼女をぎゅっと抱きしめてあげることは出来ても

私には彼女にかける言葉がみつかりません



残された者の辛く悲しい思いがわかるから

死んでしまいたい そんな思いも わかるから


だから、言葉が見つからない



無意識に

私に抱きついて泣いてる彼女の頬を私の両手で包んだ

そして彼女の顔を少しだけ持ち上げていた

への字になった口が少し上を向き

頬を伝った涙は私の手の中に消えた

そうしたら

笑った顔にみえた


「私は… やっぱり 笑った顔が好きだよ」


私の両手をはずしたら

少しこわばった表情だけど笑ってくれた

いや、私が勝手にそう思っただけかもしれない



「また、ここで偶然会いたいから… 生きててほしい…」


私がそう言うと、彼女はもう一度、私にぎゅっと抱きついて

会えてよかったと言って、スーパーの中の人ごみの中に

振り返り振り返り消えていった



みんな、悲しいね 寂しいね 辛いね


でも… 私は、やっぱり笑った顔が好き…
スポンサーサイト

3年と4回目

今月の月命日は、月曜日

仕事が忙しい曜日なので、朝お寺さんからお経を頂き

お墓参りをしてすぐに仕事に向かいました


昨日の仕事帰り、なんだかいろいろなことが思い浮かび

涙がじわりじわり…

(仕方がない… そんな時もあるさ… )

これで月命日お天気が悪いとほんとうに悲しさが倍増します




今日は、すごく冷えてましたがお天気には恵まれほっとしました


花を抱えお墓に行くと

息子愛用のタバコが数箱 きちんと並べて供えてありました



で…



ふっとみると

お線香の隣のローソクたてにタバコが立ててありました

思わず可笑しくて可笑しくてひとりお墓の前で笑ってしまいました



どの友人も言っていました

すごく忙しくて時間がない時に限って

息子は慌てずゆったりと(し過ぎなんだけど… 慌てなきゃ!!)

ちょっと、タバコ1本吸わせてと腰をすえてタバコに火をつけるらしいのです

ゆったりと最後の最後まで吸うので… 

みんなはしっかりと待たされてしまうのです



「でも、どんなに時間がなくて焦っていても

 不思議と誰も文句も言わず、

 “じっと待つしかないかぁ~ムード”になっちゃうんですよね~」


と息子の友人が話してくれたことを思い出しました




お墓から空に向かって

ゆっくりゆっくりとタバコの煙が流れていく様子が目に浮かびました


ありがとう 

  なんだか心が軽くなりました



呼んじゃった?

家事がひと段落しての夜中、ヘッドホンをつけて

ピアノの練習。。。

大の大の苦手なピアノ

まさか自分がこんなにピアノにむかうことになるとは

以前の私では考えられません

深夜、いつもヘッドホンをした息子の鍵盤をたたく音が

息子の部屋から聞こえてきていました

息子が亡くなってから

音を出すことがなくなってしまったピアノを見るたび

とても切なくて… ついに始めたピアノです

レッスンも同じ教室を選択しました


今、なかなか練習してもクリアできないところに入って

もう出来ないまま諦めてベットに入りました


ベッドに入り暗い部屋の天井を眺めているうちに

そういえば、またしばらく息子の夢を見てないなぁ…

会いたい!会いたい!は、だめだめと思っていても

昨夜は、なかなか思うように出来ないピアノのせいか



「夢ならいいじゃん!会いたいし!会いたいんだけど!」と

(夢ならいいじゃんって ← なんか意味わからん… )

心の中でぶちぶち言いながら眠りにつきました


 ……。


まあるいものが見えた後、

私の部屋のドアが少し開いているのに気がつきました

その隙間から… 息子が覗いています

すぐさま息子を見つけた私は、

「えっ、呼んじゃった?!」とちょっと反省?…

でも、反省の心など、なんだかすぐさま吹っ飛んでしまい

息子を部屋にすぐ呼びいれ…

今何してるのに始まり、延々と話をし続けたところで

目が覚めました

(夢とはいえ、息子はいい迷惑?)




目が覚めて…

ほんとうに強引我がままな自分に呆れつつ…

「ごめんね」の思いと

「会えて嬉しい」の思いと入り混じり


今朝は、神妙な思いで仏壇に手を合わせました



  ごめんねと…    ありがとうと…





なんだか切ないね

昨日は、久しぶりに隣の友人とお茶をしました

お互いの仕事の休みがやっとあって隣同士なのに超久しぶりです

ここに引っ越してきてもう20数年

ずっと仲良くしてもらって私の大切な友人の一人です

息子が亡くなった時家族で駆けつけてくれて

ずっと寄り添ってくれた

それから、日を開けず何度も何度も私にメールを送って元気づけてくれた

命日には、必ずいつも大きなお花を届けてくれる

心温かい友人です




隣には息子と同い年の息子さんがいます

兄弟のようにいつもいつも遊び育ってきました

今度、海外で結婚式を挙げることになったようです

(この話も私が聞いたから話してくれたのですが…)

海外までついていきたくないと友人はぼやいていました

我が子同様の息子さんのこと

「ああ… よかったぁ ほんとおめでとうだね」なんて

  ほんとうに心からそう思うのです



だけど…



これは、どうすることも出来ない思いだけど

なんだか切なくて…ね

なんだか寂しくて…ね

ちょっぴり いやいや…ちょっぴりじゃないかも



でもさ

これからも、まあ、こんなことはいっぱいあるだろうね


深~く息を吸って吐いたら… その思いに一区切り
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム