またひとつ前に

俺がいなくなった後、この家は引っ越すの?

亡くなった後いやだよね…



今月、この家の塗り替え工事をします
大切な家です
思いがいっぱい詰まった家です
何を見ても思いは繋がります
私がいつかそちらの世界に行くまで
私はずっとこの家にいます… 最後まで
だからこの家を大切に守っていきたい


月命日… 2年半にもなろうというのに家を空けることができません
仕事も無理を通して休みをもらっています



工事の初日は偶然にも月命日の日でした
初日は大きなトラックが入ってきてバタバタします

ここ数日ずっと心がぐらぐらしていましたが… 決めました
今月から月命日の日も仕事に行くことにしました

以前と変わらぬ生活に少しづつ近づけていくことが、
ほんとは一番の供養になるんだよね…
その日に私が縛られてまだ仕事を休んでいることをきっと心配してるよね


ただ… ただ… 少しあなたは思い違いをしていましたね

たくさんの思いでの詰まった家を大切にすることはあっても
離れることなど決してないということを。。。
スポンサーサイト

2年と4回目

月命日…

家にずっといないと落ちつかない日でした

家を空けることができない日でした


仕事先にも大変迷惑をかけてると知りながら

私にとって仕事より大切な日だと強引に休みをもらい通してきて2年と4か月


「俺がいなくなった後皆の人生が変わることのないように

    もしそうなったら… もっと辛いから…
 
                お願いだから… 」


そんな言葉を残した息子が、空の上からどう思っているのだろう

ふっとそう思う

今まで通りの生活をすることが一番なんだよね

ずっと家にいないと落ち着かない… 

家を空けることができない…

いつまでも自分の思いに縛られていては前に進めない

初めて12日の出勤でした

何度も… 何度も…

振り返り写真の息子に

  「行ってきます」

  「行くよ」

  「行くね」


こんな母に… ほんと

  きっと、呆れて笑ってるね

報告

今、この家には夫婦2人だけです

この家に引っ越してきた時は、1歳前の息子と小学校入学前の娘と、
主人の母との5人家族でした

数日前、夢を見ました

家族で旅行に出かける夢でした

息子が出かける前に腹ごしらえと大きな茶碗を片手に

「母さん、全部ご飯食っちゃっていい?」
「ぶっかけて急いで食べるわ!」

いつものように、そんなに?!というぐらいのご飯を
大きな体の息子が少しかかんで
どんぶりのようなお茶碗によそっています

そんな様子を…

私も…

主人も…

娘も…

姑も…

皆にこにこして笑って見ています

ご飯をよそっている息子も笑っています



いつもと何も変わらない 一緒だね。。。




息子がいなくなって2年と数カ月…

毎日、いや、一日に数回…

私は祈ってきました 願ってきました


「いつも穏やかで笑っていてくれますように」 と。



今日、帰宅途中、急に思いました。

もう、そう願うのはやめようと。


家に帰って仏壇の前の息子に報告しました

お母さん、明日から、いつも穏やかで笑っていてくれるようにっていうのやめるね


だってさ… 息子はいつもいつも笑ってるじゃない

なのに変だよね


「俺、いつも笑ってるのにさぁ… 今頃なに言ってんの?」


そんな声が聞こえてきそうで思わず苦笑いしてしまいました

今、考えています… 明日から毎日、なんて言おうかなぁ?なんて。。。



カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム