コスモス

kousmosu03.jpg

むこうの世界に早く行ってしまって

母はひとり取り残された思いがいっぱいです

目に見えなくても

きっと近くにいるんだよね

そう思うんだけれど

そう思うんだけれどね

賑やかで

騒々しくて

よく笑って

よく食べて

よく歌って

それでいて とっても優しくて


会いたいな


kosumosu02.jpg


よく行った近くの公園です

穏やかな空気が流れ

空にも雲ひとつなく

自然の中にいるとほっとします


kosumosu01.jpg

広い広いグラウンドを眺め

遊具を眺め

一面に咲いたコスモスを眺めて

少し心が元気になりました







スポンサーサイト

三回忌

三回忌って ずっと先だと思っていたのにこんなにすぐ来てしまいました。



夜中 ベットに入ってすぐでしょうか

寝ているベットの傍に息子がいました

会えた?!と私は嬉しくて嬉しくて…

飛び起きて抱きついてしまいました

そんな私に息子は、

「これからは、あんまりこれないからね。」

(はっきり思い出せませんが、そんなような言葉を聞きました)

その後、長い時間、たくさん話をしたはずなのに

朝、目が覚めたら、なにも覚えていませんでした


一生懸命思いだそうとしましたが

         なにも思い出せません



今日の三回忌、友達も来てくれました。

そして、主人があいさつの言葉の中に先日の友達の話をしました。

「息子は、むこうで笑っているとのことです。ほんとうに安心しました。」と。


そうなんだよね。ちゃんと笑っていてくれるんだよね。

なに?

寝ていたら突然、紙をまるめた棒でなにかを「ぱんぱん!」と叩く大きな音と同時に
私の肩のあたりを「グイ!」とおされて
驚いて目が覚めました

部屋を見渡してもなにもなく

 なんだったんだろう… 

確かに大きな音がしたのにな。。。
もう 目が覚めてしまい今度は眠ることができません
翌日は仕事だから眠りたいと思ってもなかなか眠ることができません

結局、1時間ぐらい眠ることができませんでした

朝、アラームで目が覚めましたが頭がぼおぅっとしています

しばらくしてからなにか「夢」をあの後短い睡眠時間のなかで
見ていたなぁ?なんてぼんやりと覚えています


   ********

主人と息子と私の3人で遠出している夢でした

こんなに遠くに来たので泊まろうかどうしよう…?って迷っていたのですが

息子や主人の顔をみると「泊まろう!」光線が100%私にむけて出てるのです

私は、

「うぅ?、とっても高そうだゎ… すごい出費?… ええぃ!泊まっちゃえ!」

主婦としての現実的な葛藤のうえ(笑)

とても落ち着いた和風旅館に泊まることにしました。

せっかく泊まって美味しいお料理をいただくなら

娘夫婦も呼ぼうよ!ってことになり

娘夫婦もそこに合流

(夢はいいですね。遠くにきてるのにすぐ来ることができちゃいますからね。)

5人で美味しいお料理をいただいて

和風の落ち着いたお部屋に皆で和気あいあいとお泊りです

   ********

朝、コーヒーを飲みながら、だんだん冴えてくる頭に見た夢が
だんだんはっきりと蘇えってきました。

私ったら、こんな楽しい夢をみていたんだ… と
ほんわかと心が温まる感じに。。。


今日の仕事帰り、娘から連絡が、

「明日の夜、どうする?皆でご飯食べにどこかへ行く?」





今朝の夢では、
そこに皆と一緒にあたり前のように座っていた息子の姿がありました
  明日もちゃんと一緒に
         行こうよね。。。


最近の私は、リアルな夢はまったく見なくなりました。
今朝はほんとうにふつうのごくふつうの夢でした。

でも、ただあの音はなんだったのだろう… いまだ「???」です。

寝顔

車でお出かけ…

運転席には、主人が
助手席には、私が

私の両腕の中には、安心しきった顔の
小さい小さい息子がいます

ぐっすりと眠っています


すっかり寝入ってしまった小さな小さな息子をギュッと抱きながら
少し汗をかいた額を私は手でぬぐって髪を撫でています


これから向かうのか帰りなのかわかりませんけれど

きっと、こんなにぐっすり眠っているのなら

ぞんぶんに遊び、そして

家にむかう帰りの車のなかでしょうね きっと




そんなわずかな一場面の夢を見ました

私は

小さな息子をこの両手でぎゅっと抱いていました

間近で小さな息子の顔をじっと眺めていました

とても幸せな時間でした。。。


なんだか、最近、夢ブログになってしまいました
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム