富士山の見える地へ

今日は、我が家から電車、新幹線を乗り継ぎ、富士山の見える地へと

出かけてきました

こちらは、曇り空でとても寒かったのですが、

到着して電車を降りたら、

すっきりときれいな青空で、また、頬にあたる温かい空気に

心が緩みました

そして、目の前にきれいな富士山の姿


そこにあった観覧車にも乗ってしまいました

見渡す風景は、壮観で、

富士山の裾野までみることができました

そんな自然の風景に癒されながら

たくさんお話できる「時」が持てた一日でした



息子たちが繋いでくれた出会いに感謝の思いばかり

ほんと、ありがとうです




スポンサーサイト

充電タイム

息子がいなくなって8年

ブログをはじめて7年半ぐらい

その間にいろいろな出会いを頂きました

年に一度か二度ぐらいしか会えないけれど、

その繋がりは強く、そして太くて、ほんとうにいつもたくさんの力を頂いています

同じ思いを抱え、そんな思いを話して、話して、そして、聞いて、聞いて・・・

帰る頃には、その分、心が軽くなったような気持ちになります


人と出会うことで、いろいろな気づきを頂いたり、

今までの自分を振り返って、今また知る思いがあったりと

こうして前にゆっくりゆっくりと進んでいます

(ほんとうに感謝ばかりです ありがとう)






15年の月日

我が家から車で15分程のところにある霊園で友人らと待ち合わせをしました

もう、今年で15年。。。

私達揃ってのお墓参りも15回目ということになります

最初の頃は、夏だけでなく命日である春にもここに来て手を合わせていました

毎年、同じ顔ぶれで、同じ言葉を繰り返す私達

もう、何年になった・・・?と。。。

私達は、こんなに年を重ねちゃったよぉ~と報告をして。。。



15年前、突然、この世からいなくなってしまった友人

その少し前には、偶然スーパーで会って、喫茶店で長話した時のことが

毎回、思い出されます

また、お通夜のあった夜、枕元に立って私のことをちゃんづけで呼んでくれた声も

忘れていません


お墓参りの後、ランチをしてお茶しながらの私達の

日々のたわいのない出来事のおしゃべりを聴いていたかしら・・・

いつもまず一番に賑やかに話始めるその亡き友人の姿が懐かしくて

きっと、それは、

来年もまたその次の年も同じ思いだろうなぁ・・・。。。









飲み会にて

定期的に集まる高校時代の友人らとの飲み会に久しぶりに参加しました

毎回、必ずといっていいほど、参加しているけれど、今年に入って

いつも自分の予定と重なってしまい、ほんとにしばらくぶりの参加でした

以前の私は、底抜けにお酒に強い人だったのですが、

もうここ数年、お酒は、飲まなくなったので・・・ 

ちょっと、心の中に参加への躊躇いも。。。



そんな思いと重なってか・・・

その日に限って仕事が、遅くなって、予定の一時間遅れで参加。。。

でも、

わいわいと皆と大声で騒いでるうちに、あぁ・・・仲間っていいなぁと

心がだんだんゆるんでくる


ちっとも顔を出さないから、今度、俺達だけでも集まって近いうちに、

一緒に飲もうと計画してたよ!っと有難い言葉ももらって。。。

ほんと、心配かけちゃって・・・ ありがとう




また、違う席にも懐かしいT君の顔があるじゃない

彼には、息子が亡くなった後に、あたたかい言葉をもらった

今でもしっかり覚えている(このブログに「皆の思い」

相変わらずその夜も、彼は、満面の笑みで、

そして、めちゃくちゃ、おちゃらけてました

私が、

「T君がかけてくれた言葉、ずっと覚えてるよ

その言葉ですご~く救われたよ

ほんとにありがとう!ありがとうね!

今日、こうしてありがとうが言えてよかったゎ!

今日、参加したかいがあったゎ!」と言うと

T君は、

「え~!俺、なんかいいこと、言っちゃいましたか~?

覚えてないから教えてよ~

いやぁ~、いつもどおりなんですけどね~」と

相変わらず、とぼけて笑っている

まあ、

覚えていても、忘れていても、そんなことどうでもいい

いつ、会ってもほんとにあったかく優しい人です(おおいに感謝)

あの時と同じ、私もT君のような人になりたい…とそう思います

きっと、何度でもね



夜遅く家に帰り・・・  

皆の思いにふんわりと浸りながら眠ることができました

皆、ありがとう。。。



6年前の私

先週の仕事がお休みの日、親友のKちゃんとコンサートに出かけました

クラッシックは、ほとんど興味がなかった私もピアノをするようになって

少しそちらにも目がいくようになりました(汗)

コンサートが終わってからの帰り、ゆっくりお茶をして話しこんでしまいました

話は、あっちへこっちへととび、まったくとぎれることがありません(^_^;)


そんな話の中でKちゃんが、6年前の私のことを話しはじめました

息子が亡くなって… 私は、2週間で仕事に復帰しましたが、

今でもその時のことはぼんやりしていてあまり覚えていません

Kちゃんは、私の休みの日になると必ず朝に、

「どうしてる?」のメールを入れてきて、その後、私の家に来ていました

時にお弁当を買ってきたよ~!とか、

美味しいケーキ一緒に食べよ~とか言って

半日程いつも滞在して帰っていきます

家にいる間は、ただただ私の傍に座って、

じっと私の話に耳を傾け、頷くだけです



Kちゃんもその数年前に息子さんを亡くしているので

きっと、子どもを失う悲しみを痛いほど知っているからでしょう。。。



  *****

私がインターホンを鳴らすとね

玄関のドアを開けて出てくる○ちゃん(わたしのこと)の顔がね

真っ白で何の表情もなくてね、

まるで空中をふわふわと漂っているかのように歩いてくるの。。。

生きてる感じがしない

その時の様子と顔が、鮮明に焼き付いて今でも忘れることができないの

だから、今、こうしていられること

ほんとによかったぁ・・・と思う。。。

  *****




そんなふうにしみじみと語るKちゃんにほんとうに有難くて有難くて。。。


私は、Kちゃんの息子さんが亡くなった時、

どうしていいかわからなくて・・・何もしてあげられなかったのにね

今でもそれは、悔やまれることです

でも、同じ立場にならないとわからない思い、気づかない思いもあります。。。


Kちゃんの話からここ数日、あらためて

自分自身の周りにいてくれる人の深い思いを感じていました

ほんと、ありがとうの思いばかりです





少しだけ遠出

昨日は、自分ごとで仕事をお休み頂き、少し遠出をしました

前日が遅くまで仕事の日で家に帰るのが夜9時半頃

でも、翌日は朝5時半起きないと間に合わない。。。(汗)

朝早くからの活動は、体が脳が動きません

慌ただしく、ばたばたとしながらも

なんとか予定通りに家を出て、電車を乗り継ぎ目的地へ。。。

途中…

あっ、そうだ・・・

毎日みている朝のテレビ小説「花子とアン」の時間だと気づき

バックの中のガラケーにイヤホンをつけてテレビ画面に・・・

  *****

花子がラジオ局で

息子の歩君がアナウンサーのまねをしてるのを思い出してシーンで

思わず、私は涙がウルウルしてしまい・・・

その後、アナウンサーの方から花子が話し方の特訓を受けてるシーンでは

思わず声を出して笑ってしまった。。。

  *****

朝の早い時間の電車の中、周囲には人がいっぱい

(ちょっとひや汗が)


そんな朝からの失敗は、あったものの

無事到着(ビルの窓から外を撮ったものです)

家を出る時は、お天気も悪くてムシムシ状態だったのに

こちらの空はきれいだし、風はさらっとしていて気持ちいいし・・・

huukei

おまけにこんなスイーツも食べました

手前のアイスを一口パクリと食べてから・・・ですけど・・・(汗)

sui-tu

帰りの新幹線は空いていて助かりました

無事、夜9時半過ぎには、家に着きました




そして、翌日の今日は、朝から中学時代の仲間と1年に1度顔を合わせる日でした

毎年、この時期にお墓参りに出かけるのです

そして、墓に刻まれた年数を見て、私達は毎年同じことを口にします

「○○ちゃんがいなくなってもう○○年にもなるんだ・・・」と。。。

彼女が、あちらの世界に旅立ってからもう13年、

毎年一度も欠かさず皆で集まりお墓参りをします


どんなに時を経ても忘れることなんかない


  ******

彼女のお通夜に行った日の夜のことを今でも鮮明に覚えています

深夜、寝ている私の傍らにそっと来てくれて

私の名前を呼んでくれたよね

お別れにきてくれたのかな。。。その時の声を、今も覚えてる

  ******


こちらにいても、むこうにいても、いつまでも仲間だよね

私達は、ほら、こんなに年を重ねて、どんどんおばあちゃんになっていってるよ~って

お墓の前で皆で大笑いした



今日も暑いけれど、すっきりと青い空でいい日でした。。。




朝ドラ

4月も数日が過ぎて…

超忙しかった先月から

やっと少しづつ、仕事もプライベートなことも落ち着きつつあります

そんな中、

先日、花見の飲み会に誘われて出かけました

桜は、とってもきれいでしたが、人の多さに驚くばかりでした

(といっても、私もその中のひとりですが… 汗)


たくさんの友人らと久しぶりに会って話もはずみました

その中の一人が、急に私の横に来て

「ねぇねぇ、NHKの朝ドラ、見てた?

 かっちゃんが戦死して… 大好きなもんいっぱい作って…

 その時、傍で一緒に笑って食べてたよね」

(これは、見ていない人にはわからない内容ですけど)

「子どもが大好きなもん作って食べる時、一緒にいるのかな… いるよね…」



そう、彼女も子どもさんを亡くしているのです

その後、言葉が続かず、思わず二人で抱き合ってしまいました


それを見ていた他の友人らが

「なんだ~、おまえら~、何してんだ~」なんて、まあお酒も入ってるので

笑ってそう言っていましたが、私達はその時、言葉がなくっても

もう、お互いの心がわかりあえていたんです。。。




もう、終わってしまったけれど、

ほんとあの朝ドラでもう何度も泣いたことか。。。



悲しみは新しい

昨日は、私の友人の息子さんの11回目の命日でした

こちらの掲示板にも書きましたが。。。)


生きていたら、もう30歳になっているんだなぁ…と思っているところへ

友人からメールが届きました

「もう11年も経っちゃった!」というその言葉のあとに、

「何年経っても、悲しみは、新しいね」と。。。


いつ会ってもにこにこと笑顔の絶えない友人だけど

そうだね 

「時の流れ」と「悲しみの思い」は、べつものだもんね






丁寧に生活しよう

毎月、我が家では、季節の野菜、果物、お米と

ほんとうによく頂くことが多いです

数日前には、ユズ湯に入って~と柚を頂き、

何度か気持ちよくユズ湯につからせてもらいました

昨日、今日は、たくさんもらった殻付き落花生で甘味噌風にと

料理してみました

昨夜は、ひたすら殻から出す作業

今日は、煮る作業 ついでに一緒に頂いた黒豆も昨夜からとりかかりました


rakksei

今夜の食卓に

rakkasei02

これも昔?作った手作り器です ほんとうに久々に使いました

頂いたものをちゃんと感謝して。。。

食べきれない野菜は、さっと茹でて冷凍します



年末年始の休みは、なかなか体が動かずにいました

「今年は丁寧に生活をしよう」

そんなふうにブログで話してくれた、まねき猫さんの影響かな (*^^)

あぁ…そうそう、今日は片付けにも精がでました

まねき猫さん、ありがとう!

まねき猫さんのブログはこちらです (サイドにもリンクさせてもらいました)










コンサート

仕事を少し早上がりして、友人から誘われていたコンサートに出かけました

それはそれは懐かしい「五輪真弓」さんのコンサートでした

20代の頃は、ほんとうによく聴きましたが、最近は全然で。。。

最近の曲は、別として知ってる歌が流れると、

ほんとうに懐かしくて…

『タバコの煙』『冬ざれた街』『少女』… 大好きでした

コンサートが終わって帰る時、友人はCDを買っていました

そんなに好きだったの?って聞くと

20代の私が、友人に五輪真弓のテープをあげたらしくて

それをまだボロボロだけど聴いてるのって言われた時にはびっくりでした

あれから、五輪真弓は大好きだよって。。。

…で、誘ってくれたんだということがわかりました






何十年前の私が、あげたテープがまだあるんだ。。。(超驚きです)

とってもいいよ!って勧めた私が、ずっと聴いてなくて

勧められた友人がボロボロになるまで聴いていて

人の繋がりってこんなふうになんか妙な絡みあいを重ねながら

成り立っているのかな… と不思議な思いで帰ってきました



歌もステキでしたが、

ドラムにはまってる甥っ子のことが浮かび…

ギター抱えて路上ライブしてた別の甥っ子のことが浮かび…

また、たどたどながらピアノを習ってる私としては

五輪真弓さんの後ろで演奏してる人達がもうステキすぎて釘付け

そんなところにもたくさん感動してしまいました

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
sora★私について
主人と二人暮し。 近くに嫁いだ娘とそして今は空の上にいる息子。
私の読んだ本
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
空の上から★メール
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム